ニュース
» 2015年10月02日 19時46分 UPDATE

myThings:「今日はトレーニングですね」シャープのエアコンが喋り出す

ヤフーのIoTプラットフォームアプリ「myThings」に開設される「ともだち家電チャンネル」にシャープの一部が対応。休日の朝にエアコンが“おはようございます。今日はトレーニングの日ですね”と話しかけてきたりする。

[渡邊宏,MONOist]

 シャープは2015年10月2日、ヤフーのIoTプラットフォームアプリ「myThings」に開設される「ともだち家電チャンネル」へ同社製品の一部が対応すると発表した。

 この対応によって、myThingsに対応するIoT製品やインターネットサービスの挙動をトリガーにシャープ製対応家電を発話させることが可能で、「活動量計が土曜朝の起床を感知すると、エアコンが“おはようございます。今日はトレーニングの日ですね”と話しかける」といった使い方が可能になる。

photo 活動量計と連動し、起床を感知して喋るエアコン(イメージ)

 現時点での対応が発表されているのは、ロボット掃除機「COCOROBO(RX-V200)」、スチームオーブンレンジ“ヘルシオ”「AX-XP1WF」、ドラム式洗濯乾燥機「ES-Z300」、空気清浄機「KI-WF100/75」「KI-EX100」、エアコン「E-XSシリーズ(2015年度製)」の各製品。対応開始は2015年10月6日を予定する。

 IoTプラットフォーム「myThingsプラットフォーム」は、登録されたさまざまなIoT製品やWebサービスの“組み合わせ提供”を可能にするもので、スマホアプリ「myThings」に用意された「チャンネル」を組み合わせることで、「Instagramで特定ユーザーが写真を投稿したら、URLを取得してDropboxに保存する」のように動作条件とアクションを設定する。

 myThingsの発表時、シャープは発表会場にて「起床した瞬間、朝やることを話して教えてくれるロボット掃除機」「体重変化で異なるオススメメニューを提案してくる冷蔵庫」などを参考展示していた。

myThingsの発表時にシャープが参考展示していた、起床した瞬間、朝やることを話して教えてくれるロボット掃除機 myThingsの発表時にシャープが参考展示していた、起床した瞬間、朝やることを話して教えてくれるロボット掃除機

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.