ニュース
» 2015年10月05日 06時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:社内の人間も入れないジェイテクトのテストコースをHMDで体験

ジェイテクトは「東京モーターショー2015」で展示する「JTEKT 360 ViRTUAL REALITY『JGOGGLE』」を披露した。普段は同社の技術部しか立ち入れない「ジェイテクト伊賀試験場」を、クルマで走行しているように360度体験ができる(すごくリアルでした)。

[與座ひかる,MONOist]

 ジェイテクトは2015年10月1日、東京都内で、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)の展示コンテンツとして披露する「JTEKT 360 ViRTUAL REALITY『JGOGGLE』」のメディア体験会を行った。

「JGOGGLE」のメディア体験会 「JGOGGLE」のメディア体験会。ジェイテクトの東京モーターショー2015ブースのコンパニオンが紹介してくれた(クリックで拡大)

 同コンテンツは、ジェイテクトが同社製品の評価・解析を行う試験場「ジェイテクト伊賀試験場」(以下、伊賀試験場)を、Samsung Electronics製ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR Innovator Edition for s6」とヘッドフォンを使って360度体験できるというもの。実際に走行するクルマの助手席から見学しているかのように2分間の映像で体験することができる。

使用するSamsung Electronics製ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Innovator Edition for s6」とヘッドフォン。「Galaxy S6 edge」が取り付けられている 使用するSamsung Electronics製ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Innovator Edition for s6」とヘッドフォン。「Galaxy S6 edge」が取り付けられている(クリックで拡大)

 伊賀試験場は2012年に三重県伊賀市に開設された、ジェイテクト専用の試験場だ。同社が世界で初めて開発・量産に成功した電動パワーステアリングをはじめ、さまざまな製品を実車に搭載し、評価・解析を行っている。コース内には、多くのカーブと坂道で構成されたワインディング路や、ステアリングの機密性の評価試験などを行う冠水路、石畳路やくり石路を引いた異音評価路などを整備。世界各地の道路や気候を想定した試験路となっている。

ジェイテクト伊賀試験場のようす ジェイテクト伊賀試験場のようす(クリックで拡大)出展:ジェイテクト
冠水路も完備。「JGOGGLE」で冠水路走行を体験できる 冠水路も完備。「JGOGGLE」で冠水路走行を体験できる(クリックで拡大)出展:ジェイテクト

 東京モーターショー2015では、「JGOGGLE」を複数台用意し、来場者に体験してもらう予定だという。同社広報部の水藤嘉亮氏は「伊賀試験場は社内でも技術部しか立ち入れない場所。一般の方に向けて公開することはほとんどないので、ぜひ360度映像で体感してもらえれば」と話した。

まずヘッドフォンをつけてゴーグルを装着 実際に体験している様子。まずヘッドフォンを装着し(左)、ゴーグルを装着(右)。2分間、テストコースを走るクルマに乗車したような体験ができる(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.