ニュース
» 2015年10月05日 12時00分 UPDATE

医療機器 メルマガ 編集後記:パナソニックが介護サービスやってるの知らんかった

編集記者として汗顔の至りであります。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年10月5日発行の「医療機器 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


パナソニックが介護サービスやってるの知らんかった

 パナソニックが「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」(2015年10月7〜9日、東京ビッグサイト)の出展製品を紹介する発表会を開催しました(関連記事:パナソニックが介護関連事業を拡大、歩行支援ロボットなどを2016年度に投入)。

 国際福祉機器展は、介護やリハビリなどに用いるさまざまな機器や用品を取り扱う展示会です。開催規模はアジア最大で、国内が550社が出展し、3日間で約12万人が参加します。

 発表会では、「自立支援型起立歩行アシストロボット」や「3D測定・訓練システム」、「高齢者施設向けみまもりシステム」を披露し、デモンストレーションも行ってみせました。個人的には、2014年に出展したモデルよりも小型軽量化を果たした、自立支援型起立歩行アシストロボットが興味深かったです。

 さて、そういった介護・リハビリ用の機器以上に発表会で驚かされたのが、パナソニックの介護サービス事業です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.