ニュース
» 2015年10月05日 12時00分 UPDATE

市場調査/予測:2019年には560万台へ、年2倍ペースで出荷台数を伸ばす3Dプリンタ

Gartner(ガートナー)は、3Dプリンタの市場予測に関する最新の調査リポートを発表。全世界における3Dプリンタの出荷台数の予測は、2015年が24万4533台。2016年は約2倍の成長を遂げて、49万6475台に達する見込みだという。

[八木沢篤,MONOist]

 米国の調査会社であるGartner(以下、ガートナー)は、3Dプリンタの市場予測に関する最新の調査リポートを発表した(関連記事:「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のここがポイント)。

 全世界における3Dプリンタの出荷台数の予測は、2015年が24万4533台。翌2016年は約2倍の成長(103%増)を遂げて、49万6475台に達する見込みだという。

 2016〜2019年にかけては、毎年2倍以上のペースで出荷台数を伸ばしていき、2019年には560万台以上に達するとしている。

 ガートナーは、3Dプリンティング技術の進化・発展に伴い、造形品質や3Dプリンタの性能そのものが著しく向上していき、企業向けのハイエンド3Dプリンタと消費者向けのパーソナル3Dプリンタの双方で、出荷台数を伸ばしていくと予測。また、これまでのニッチな市場から、企業や一般消費者を含む幅広い分野での利活用が進み、より大きなグローバルな市場へと変容を遂げていくだろうとしている。

「CUBIS 1.5」 参考 FDM方式のパーソナル3Dプリンタ「CUBIS 1.5」。販売価格(税込み)は同じ5万9800円である(出典:プリンタス) ※画像クリックで拡大表示

 出力方式の違いで見ると、FDM(熱溶解積層法)方式に代表される材料押し出し型のパーソナル3Dプリンタが出荷台数の多くを占め、2015年は23万2336台と予測。さらに、2019年には出荷台数全体の97.5%を占め、552万7493台に達するという。

 また、2500ドル以下のパーソナル3Dプリンタ市場は一般消費者による利用ではなく、教育機関への導入が中心になるだろうと予測している。


ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


関連キーワード

3Dプリンタ | Gartner | FDM/FFF | 市場調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.