ニュース
» 2015年10月06日 13時30分 UPDATE

東京モーターショー2015:ダイハツが考える未来の軽は超低床で乗り降り自在、両側観音開きで大開放も

ダイハツ工業は、「東京モーターショー2015」で「乗り降り」に注目したコミューター「NORI ORI」や両側観音開きドア採用で多彩なシートアレンジも可能な「HINATA」など4モデルを世界初公開する。

[與座ひかる,MONOist]

 ダイハツ工業は2015年10月6日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)の出展モデルを発表した。新コンセプトのマルチユースコミューター「NORI ORI(ノリオリ)」や新しいラウンドデザインの軽自動車「HINATA(ヒナタ)」など4モデルを世界初公開する。

新コンセプトのマルチユースコミューター「NORI ORI(ノリオリ)」 新コンセプトのマルチユースコミューター「NORI ORI(ノリオリ)」(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業

 ダイハツ工業の出展テーマは「POSSIBLE! 明日の『できる』をダイハツと」。「人々の生活に寄り添う軽自動車をさらに進化させることで、日常生活に楽しさや喜びをプラスし、乗る人全てが笑顔になるクルマづくりを各出展物で表現する」(同社)という。

 世界初公開は4車種となる。ノリオリは、文字通り「乗り降り」に着目した「近未来のマルチユースコミューター」(同社)。イージーアクセスなスモールカーを目指し、ニールダウンシステムによる超低床フロアと2ウェイアクセスドアを備える。また、助手席側に収納式スロープを、リヤ側にはフロアリフトを設定し、ベビーカーから車いすまで幅広い用途で乗り降りのしやすさを追求している。車いすは2台の積載/固定が可能だという。

「NORI ORI(ノリオリ)」のドアをを開いた様子後部ドアも大きく開く 「NORI ORI(ノリオリ)」のドアを開いた様子(左)後部ドアも大きく開く(右)(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業
座席を取り外した様子車いすは2台の積載/固定が可能 座席を取り外した様子(左)、車いすは2台の積載/固定が可能(右)(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業

 ヒナタは、デザイン性とスペース機能の融合による新しいラウンドデザインの軽自動車。両側観音開きドアを採用し、多彩なシートアレンジが可能だという。デザインは「こもれびライトグリーン」×「やわらかアイボリー」のボディカラーでナチュラルリラックスを表現したデザインとなっている。

デザイン性とスペース機能の融合による新しいラウンドデザインの軽自動車 デザイン性とスペース機能の融合による新しいラウンドデザインの軽自動車(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業
外に向かって横に並べられたシート向かい合わせにすることも可能 外に向かって横に並べられたシート(左)、向かい合わせにすることも可能(右)(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業

 「TEMPO(テンポ)」は、軽商用車の新しいカタチとしてFFプラットフォームを活用した「新ジャンルスペース系商用車」(同社)としての提案になる。室内空間の自由度を生かした移動販売車で、カウンターテーブルを組み込んだショウケースを搭載。助手席側は、LED照明付きの大型ガルウィングドアを採用しており、車両側面に装備したデジタルサイネージは、店舗の看板として活用できる。

新ジャンルスペース系商用車の「TEMPO(テンポ)」 新ジャンルスペース系商用車の「TEMPO(テンポ)」(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業
LED照明付きの大型ガルウィングドアとカウンターテーブルを搭載店舗としての使用例 LED照明付きの大型ガルウィングドアとカウンターテーブルを搭載(左)、店舗としての使用例(右)(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業

 「D-base(ディーベース)」は同社が考える次世代のスモールカーの在り方を提案した「ニューベーシックスモールカー」(同社)だ。独自の低燃費技術「e:Sテクノロジー」を進化させた、内燃機関を追求した次世代環境車で、スタイリッシュなエコ&スマートデザインで先進性を表現している。

ニューベーシックスモールカーの「D-base(ディーベース)」 ニューベーシックスモールカーの「D-base(ディーベース)」(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業
「D-base(ディーベース)」後方部「マーメイドパールブルー」を基調としたデザイン D-base(ディーベース)」後方部(左)、「マーメイドパールブルー」を基調としたデザイン(右)(クリックで拡大)出展:ダイハツ工業

 その他にも、2015年10月下旬の発売を予定している「キャスト スポーツ」の市販モデルや、「キャスト アクティバ」「キャスト スタイル」のモーターショー特別色展示など、市販車10台の展示も行う。また、技術展示では、身近な軽自動車の技術や、ダイハツが描く燃料電池による将来の暮らしの姿を、五感で体感できる体験型展示を行うとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.