ニュース
» 2015年10月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:生産工程の自動化ニーズに対応する、垂直多関節ロボットを発売

ヤマハ発動機は、垂直多関節ロボット「YA」シリーズ8機種を2015年12月10日に発売する。高速・省スペース化を追求したことで、セル生産方式などの高度自動化に対応し、生産設備の生産性向上と小型化に寄与するという。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2015年9月18日、垂直多関節ロボット「YA」シリーズを12月10日に発売すると発表した。ラインアップは、6軸制御の「YA-RJ」「YA-R3F」「YA-R5F」「YA-R5LF」「YA-R6F」と、7軸制御の「YA-U5F」「YA-U10F」「YA-U20F」の8機種で、生産工程のさまざまな自動化ニーズに対応するという。

 今回発表されたYAシリーズは、高速・省スペース化を追求したことで、生産設備の生産性向上と小型化に寄与できる。近年、モノづくりの現場では、複数の役割が求められる多能工ロボットのニーズが高まっている。同シリーズは、セル生産方式などの高度自動化にも対応できるという。

 6軸制御ロボットでは、高速・低慣性ACサーボモータを採用。アームを軽量化する設計と最新の制御技術を採用し、各軸の動作速度が向上した。加えて、高い手首負荷能力により、複数ワークの同時ハンドリングにも対応できる。

 また、7軸制御ロボットは、肘に相当する軸を備え、曲げる・ねじる・伸ばすなど、自由度の高い動きを可能にした。従来は作業が困難だった狭いすき間へも設置できるほか、自在なアーム動作により、低い姿勢や装置などの背部への回り込み動作にも対応した。さらに、中空構造アクチュエータを採用し、装備ケーブルやエアホースをアーム内に内蔵。周辺機器との干渉を最小限に抑え、コンパクトなライン設計が可能になるという。

 可搬質量は1kg(YA-RJ)〜20Kg(YA-U20F)で、価格はオープン。同社では、シリーズ全体で年間400台の販売を目指すとしている。

photo 「YA-R5F」
photo 「YA-U20F」
photo 「YA-R6F」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.