ニュース
» 2015年10月06日 20時00分 UPDATE

CEATEC 2015:2次元と3次元、どちらの女性が好みかバレる「ときめきセンサ」

CEATEC JAPAN 2015内のロームブースにて、光センサーの検出技術を応用した「ときめきセンサ」が展示された。2次元と3次元、どちらの女性によりときめいたかを、血管収縮の様子から判断する体験型展示だ。

[與座ひかる,MONOist]

 CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)のロームブースでは、光センサーの検出技術を応用した「ときめきセンサ」が出展されていた。血管収縮の様子を光センサーで検知し、それらを“恋に落ちるときめき”として数値化するシステムとした体験型展示だ。

 参加方法は、ラブレター型の装置を握りつつ、2人の女性から告白されるのを待つだけ。1人は前方スクリーンに映し出されるアニメのキャラクターで、1人はカーテンから出てくる生身の女性だ。

まずは女性(2次元)から告白を受ける まずは女性(2次元)から告白を受ける(クリックで拡大)
次に、生身の女性(3次元)から告白を受ける 次に、生身の女性(3次元)から告白を受ける(クリックで拡大)
すると、光センサーで検出した情報から、2次元/3次元どちらにより「ときめいていたか」を目盛で表示され、記念撮影を行える すると、光センサーで検出した情報から、2次元/3次元どちらにより「ときめいていたか」を目盛で表示され、記念撮影を行える

 同システムはもともと、2015年4月1日のエイプリールフールの際に「ウソ」として同社Facebookページに投稿した企画。冗談ながらもコンセプトが話題を呼んだことから、CEATEC開催に合わせ、TECHMACと共同開発で出展が実現した。「光センサーの検出技術は目新しいものではないが、『モノづくりで夢を与える』という出展目的に沿って展示を企画した」(ローム コーポレート・コミュニケーション本部 メディア企画部 広告宣伝課 イベントグループ 小西茉友氏)。

 「“ときめき”を数値化することは難しいが、ときめきを生む仕掛けを作り、楽しみながら技術を体験できる展示を目指した」(TECHMAC CEO 北口真氏)。

 同展示はCEATEC JAPAN 2015内(会期:2015年10月7日〜10日)ロームブースにて体験できる。会期中は、女性向けに男性キャラが告白する仕掛けを用意しているという。

ちなみに、どちらも該当する場合はこのような表示に ちなみに、どちらも該当する場合はこのような表示に

関連キーワード

二次元 | 告白 | ローム | 体験型


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.