ニュース
» 2015年10月07日 07時00分 UPDATE

FAニュース:旋削機能付き同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタを発売

ヤマザキマザックは、旋削機能付きの同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタ「VARIAXIS i-1050T」を発表した。同時5軸加工・高精度多面加工から旋削加工までを1台で完結するため、工程の集約を可能にした。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2015年9月16日、旋削機能付きの同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタ「VARIAXIS i-1050T」を発表した。

 2011年に発売された「VARIAXIS(ヴァリアクシス)」シリーズは、これまでテーブルサイズφ500〜800mmの「VARIAXIS i-500/600/700/800」と、旋削機能付きの「VARIAXIS i-700T/800T」を展開している。今回、VARIAXIS i-1050Tを追加したことで、全7モデルに拡大した。

 新たに発売されるVARIAXIS i-1050Tでは、C軸の高速・高精度ロータリテーブルに、最大回転速度500min-1の旋削機能を追加。同時5軸加工・高精度多面加工から旋削加工までを1台で完結するため、工程の集約を可能にした。

 また、両端支持タイプのチルト・ロータリーテーブル、A軸にデュアル・ローラギアカム、C軸にダイレクトドライブモータを採用したほか、インテリジェント機能の搭載により、高速・高精度の加工に対応できる。最大ワーク寸法はφ1250×900mm、最大積載質量は2000kg。タッチパネル式CNC装置「MAZATROL SmoothX」を採用したことで、操作性・作業性が向上し、消費電力も低減している。

 主な用途は、航空機部品や各種バルブなどの加工で、2015年10月5日からイタリア・ミラノで開催される欧州国際工作機械見本市(EMO MILANO)に出展し、販売を開始する。

photo VARIAXIS i-1050T

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.