ニュース
» 2015年10月08日 07時00分 UPDATE

CEATEC 2015:人体の深部温度を24時間モニタリングできる超小型センサー、見守りに最適

オムロン ヘルスケアは、「CEATEC JAPAN 2015」において、体表に貼り付けることで人体の深部温度(体温)を24時間モニタリングできる超小型センサーを展示した。2017年度の商品化を目指して開発を進めている。

[朴尚洙,MONOist]

 オムロン ヘルスケアは、「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7〜10日、幕張メッセ)において、体表に貼り付けることで人体の深部温度(体温)を24時間モニタリングできる超小型センサーを展示した。2017年度の商品化を目指して開発を進めている。

オムロン ヘルスケアの超小型センサーを組み込んだ貼り付け型体温計 オムロン ヘルスケアの超小型センサーを組み込んだ貼り付け型体温計(クリックで拡大)

 体表の温度は、人体の深部温度である体温と比べて、脂肪や血液などの体組織を介しているため低くなるのが一般的だ。つまり、体表の温度を計測しても、体温を計測したことにはならない。しかし、体表に伝わる熱流と体組織の特性が分かれば、体表の温度から体温を推定することが可能になる。

 オムロン ヘルスケアが展示した超小型センサーは、パッケージ内部に、体表の異なる2カ所について温度を計測する2つの温度センサーと、それらの温度センサー上に設置されている大小2つの熱流センサーがMEMS技術で作り込まれている。

 この超小型センサーを体に貼り付ければ、温度センサーで計測した異なる2カ所の体表の温度と、温度センサー上にある大きさの異なる熱流センサーで計測した熱抵抗の異なる熱流、そして同社が開発した独自のアルゴリズムを使って体温を導出することができるという。

超小型センサーの構造と体温計測の仕組み 超小型センサーの構造と体温計測の仕組み(クリックで拡大)

 超小型センサーのサイズは8.1×7.7mmで厚さは約2mm。展示ブースでは、超小型センサーによって計測した体温を無線通信機能で外部に発信できる貼り付け型体温計を使ってデモンストレーションを行っていた。

 超小型の貼り付け型体温計を商品化できれば、乳幼児や高齢者の体温変化管理や、屋外作業者の体調管理といった“見守り”の用途に利用できる。また従来の体温測定は、わきや口中に体温計を挟んで行っていたが、超小型の貼り付け型体温計を使えば、人体のさまざまな箇所の体温をモニタリングすることも可能だ。

関連キーワード

医療 | オムロン | CEATEC | MEMS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.