ニュース
» 2015年10月08日 07時00分 UPDATE

FAニュース:50番主軸搭載の横形マシニングセンタを発表、量産部品加工ラインに対応

ヤマザキマザックは、50番主軸を搭載した横形マシニングセンタ「HCN-5000/50」を発表した。40番主軸と同等の高加減速を備えながら、アルミダイキャストや鋳鉄の中小物部品を大径フライスで加工できる。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2015年9月10日、50番主軸を搭載した横形マシニングセンタ「HCN-5000/50」を発表した。イタリア・ミラノで10月5日から開催される、欧州国際工作機械見本市(EMO MILANO)に出展する予定だ。

 HCN-5000/50は、新たに開発された50番主軸を搭載している。「HCN」シリーズの40番主軸機「HCN-5000」と同等のフロアスペースに抑えたことで、自動車産業などの量産部品加工ラインの構築を容易にした。

 主軸には、低慣性な構造設計を採用。40番主軸と同等の高加減速を備えながら、アルミダイキャストや鋳鉄の中小物部品を大径フライスで加工できる。また、独自の自動化システム「モジュラテックシステム」と組み合わせることで、長時間の無人運転が可能。システム導入後も、生産量に応じて簡単に増設できる。

 テーブル上面のフロアからの高さは40番仕様と同一のため、40番と50番の両機種混成による加工ライン構築も可能。テーブルは、通常の2パレットチェンジャ仕様HCN-5000/50に加え、量産加工ライン用のシングルテーブル仕様「HCN-5000/50S」もあり、加工用途に合わせて選択できる。同社の対話型CNC装置「MAZATROL SmoothC」も搭載した。

photo 横形マシニングセンタ HCN-5000/50

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.