連載
» 2015年10月08日 11時00分 UPDATE

海外医療技術トレンド(4):米国発サービスモデル視点のIoT標準化と健康医療分野の関わり (1/3)

ウェアラブル機器、遠隔モニタリングセンサーに代表されるモノのインターネット(IoT)は、医療/健康/介護福祉分野でも導入が進んでいる。今回は、米国におけるIoT全般の相互運用性/標準化に向けた取り組みを紹介する。

[笹原英司,MONOist]

NISTが推進するサイバーフィジカルシステム/IoTの標準化

 2015年9月18日、米国国立標準研究所(NIST)のサイバーフィジカルシステム・パブリックワーキンググループ(CPS-PWG)は、「サイバーフィジカルシステムのフレームワーク」草案を公開し、パブリックコメントの募集を開始した(関連情報)。

 米国の場合、セキュリティ/プライバシーを含むIoTの技術規格の標準化活動に関して、NISTが主導的な役割を果たしている。NISTの草案によると、サイバーフィジカルシステム(CPS)は、物理的要素と計算処理的要素により構築された相互作用ネットワークなどのスマートシステムであり、IoTやインダストリアルインターネットなどが含まれる。テクノロジーの観点からは、電子カルテシステムのような情報技術(IT:Information Technology)と、ウェアラブル機器のような制御技術(OT:Operations Technology)の融合がCPSの特徴になっている。

 CPS-PWGは、CPSの基本的概念および独自の方向性に関する理解/共有を深め、意見交換やセクターの枠を超えた研究の統合によって進歩を促進し、新機能によるCPSの開発を支援することを目的として設置された公開作業グループであり、「語彙とレファレンスアーキテクチャ」、「ユースケース」、「サイバーセキュリティとプライバシー」、「タイミングと同期」、「データ相互運用性」の各分科会が活動している。CPS-PWGには、General Electric(GE)、AT&T、Cisco Systems、Intel、IBMによって設立された「Industrial Internet Consortium(IIC)」も参画している。

 今回NISTが公表したガイドライン草案は、CPSベースの製品/サービスを設計/開発/製造する企業や開発者向けに、IoTを含むCPSの相互運用性・標準化に必要な、包括的フレームワークを提供することを目的としており、以下のような章立てで構成されている。

  • 第1章:序論
  • 第2章:CPSフレームワーク
  • 第3章:CPSフレームワークのファセット
  • 第4章:CPSフレームワークのアスペクト
  • 第5章:ユースケース分析
  • 第6章:レファレンス

 NISTのCPSフレームワークは、ウェアラブル健康機器、インテリジェントビル管理機器、無人運転車/ドローンなど、分野/領域の枠を超えたCPS/IoT共通の枠組として開発された。図1は、NISTのCPSフレームワーク策定におけるプロセス/手順を示しており、以下の4つのステップが柱となっている。

  1. CPSのドメインの特定:ステークホルダーがCPSを導入する範囲
  2. 横断的課題の特定:社会的/ビジネス的/技術的課題など
  3. 横断的課題の分析:概念的に類似した課題のグルーピング(アスペクト)
  4. 活動および成果を介した課題(アスペクト)への取り組み:概念化、現実化、保証の3つの基本的な側面(ファセット)
図1 図1 NISTのCPSフレームワーク策定のプロセスと手順(クリックで拡大) 出典:NIST CPS-PWG「Draft: Framework for Cyber-Physical Systems Release 0.8」(2015年9月)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.