ニュース
» 2015年10月08日 10時00分 UPDATE

CEATEC 2015:京セラが車載ステレオカメラを開発、独自アルゴリズムで低コスト化

京セラは、「CEATEC JAPAN 2015」において、開発中の先進運転支援システム(ADAS)向けのステレオカメラを披露した。軽量な独自アルゴリズムと経年劣化を補正する自動校正機能が特徴。

[朴尚洙,MONOist]

 京セラは、「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7〜10日、幕張メッセ)において、開発中の先進運転支援システム(ADAS)向けのステレオカメラを披露した。

京セラのステレオカメラの展示 京セラのステレオカメラの展示(クリックで拡大)

 このステレオカメラは、現在同社が展開している車載カメラモジュールや、かつて手掛けていたデジタルカメラで培った光学設計技術と、ステレオカメラで撮影した映像から距離測定を行うための視差画像を生成する独自アルゴリズムなどを組み合わせて実現した。

 この独自アルゴリズムは新規に開発したもので、処理負荷が軽量なことを特徴としている。「一般的に知られているSGM(Semi-Global Matching)というアルゴリズムと比べて、処理負荷は4分の1〜10分の1に抑えられる。このためプロセッサと、ステレオカメラそのものも小型かつ安価にできる」(同社の説明員)という。

ステレオカメラで撮影した映像(上側)と独自アルゴリズムによって生成した視差画像 ステレオカメラで撮影した映像(上側)と独自アルゴリズムによって生成した視差画像(クリックで拡大)

 またステレオカメラは、各カメラの経年劣化などによって撮影映像が影響を受けると、正確な視差画像を取得できなくなるという課題がある。京セラのステレオカメラは、経年劣化を補正する自動校正機能を搭載することでこの課題に対応できるとしている。

 その他の仕様は以下の通り。2つのカメラの間隔を示す基線長は150mm。距離測定のための処理時間による遅延は2ミリ秒で、カメラの画素数はVGA(640×480画素)、フレームレートは30fps、検知範囲(FOV)は50度となっている。

京セラのステレオカメラの説明パネル 京セラのステレオカメラの説明パネル(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.