ニュース
» 2015年10月08日 16時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:歯科医療用3Dプリンタ「EOSINT M 270 Dental」販売開始

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は、独EOS製の歯科医療用ハイエンド3Dプリンタ「EOSINT M 270 Dental」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は2015年10月7日、独EOS製の歯科医療用ハイエンド3Dプリンタ「EOSINT M 270 Dental」の販売開始を発表した。

 本体価格は6000万円からで、今後3年間で20台以上の受注を目標に掲げる。

 同社は、1993年にEOSと日本における総代理店契約を締結。20年以上にわたりハイエンド3Dプリンタの普及に努めてきた。このたび、EOS製ハイエンド3Dプリンタの販売を歯科医療分野に広げるために、医療機器製造販売業許可を取得。EOSINT M 270 Dentalを第三種医療機器として登録し、販売を開始する。

EOSINT M 270 Dental 独EOS製の歯科医療用ハイエンド3Dプリンタ「EOSINT M 270 Dental」(出典:NDES)

 EOSINT M 270 Dentalは、標準的な汎用金属粉末積層造形システム「EOSINT M 270」を歯科医療用に拡張したもので、クラウン/ブリッジの造形に必要なサポート構造体のモデルを自動生成するソフトウェアも併せて提供する。

 患者個々の歯の3Dデータを基に、高精度なクラウン/ブリッジを一度に大量製造できることから、海外では既に80台以上のEOSINT M 270 Dentalが歯科医療分野で活用されているという。

造形例(1)造形例(2) 造形例(出典:NDES) ※画像クリックで拡大表示

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.