ニュース
» 2015年10月08日 17時46分 UPDATE

センシング:ソニーがToF技術のSoftkineticを買収、撮像素子のセンシング化を狙う

ソニーはイメージセンサーを用いた測距技術の1つであるTime of Flight方式(ToF方式)の技術を持つ、ベルギーのSoftkinetic Systems S.A.を買収した。

[渡邊宏,MONOist]

 ソニーは2015年10月8日、イメージセンサーを用いた測距技術の1つであるTime of Flight方式(以下、ToF 方式)の技術と関連システム、ソフトウェアを有するベルギーのSoftkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ)を買収したと発表した。

 ToF方式は光源から出された光が対象で反射し、センサーに届くまでの時間を基に、対象物との距離を測る技術。本方式を採用した距離画像センサーは、ToF方式で測距する画素をセンサー上へ二次元配列し、とらえた画像から対象物までの距離を得ることができる。デバイスの小型化に有用であることもあり、ToF方式はマイクロソフト「Kinect V2」でも採用されている。

 ソニーでは買収により、ToF方式距離画像センサー技術を自社のイメージセンサー技術に応用し、イメージセンサーを撮像素子としてだけではなく、センシングデバイスとして活用していくとしている。

関連キーワード

撮像素子 | ソニー | 買収


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.