ニュース
» 2015年10月13日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:バルーン部を細径化した末梢血管用PTAバルーンカテーテルを開発

カネカは、高い病変通過性を保持した末梢血管用PTAバルーンカテーテルを開発した。0.035インチのガイドワイヤーを使用できるRapid Exchange Typeで、バルーン部を細径化することで、より優れた病変通過性能を備えた。

[MONOist]

 カネカは2015年9月28日、テルモと共同で、高い病変通過性を保持した末梢血管用PTA(経皮経管血管形成術)バルーンカテーテルを開発したと発表した。8月に米国での販売承認を取得し、同社のグループ会社であるカネカメディックスを通じて、10月からテルモへの供給を開始する。

 今回開発されたのは、0.035インチのガイドワイヤーを使用できるRapid Exchange TypeのPTAバルーンカテーテルとなる。Rapid Exchange Typeとは、カテーテルの先端部のみをガイドワイヤーが通る構造のことで、手技中にガイドワイヤーを抜去せずに、カテーテルを交換できる。

 また、バルーン部を細径化することで、より優れた病変通過性能を備えたという。ラインアップは、バルーン径3.0〜12.0mm、バルーン長20〜200mmの計108サイズとなる。

 同製品は、2013年4月にテルモと締結した、バルーンカテーテルに関する共同開発契約に基づき、開発された初の製品となる。今後は、テルモへの供給地域および供給製品・品種の順次拡大を予定しており、グローバル展開を図るとしている。

photo

関連キーワード

共同開発 | 医療 | 医療機器ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.