ニュース
» 2015年10月13日 08時00分 UPDATE

CEATEC 2015:スマートルームミラーに最適、フリーフォームディスプレイとエッジUI

シャープは「CEATEC JAPAN 2015」において、液晶ディスプレイの形状を自由に設計できる「フリーフォームディスプレイ(FFD)」の新たな形状を4種類初公開した。中でも、FFDの端部に静電容量型のタッチユーザーインタフェースを組み込んだ「FFD+Edge UI(エッジUI)」はスマートルームミラーに最適だという。

[朴尚洙,MONOist]

 シャープは、「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7〜10日、幕張メッセ)において、液晶ディスプレイの形状を自由に設計できる「フリーフォームディスプレイ(FFD)」について、新たに4種類の形状を初公開した。

 初公開したのは、中央部が凸型に湾曲した「Curved」、台形の「Type C」、円形のFFDとそれを囲むようにダイヤル型インタフェースを組み合わせた「Dial」、FFDの端部に静電容量型のタッチユーザーインタフェースを組み込んだ「FFD+Edge UI(エッジUI)」である。

中央部が凸型に湾曲した「Curved」「Curved」の説明パネル 中央部が凸型に湾曲した「Curved」。IGZO技術を用いた液晶ディスプレイで基板はガラスだ(クリックで拡大)
台形の「Type C」「Curved」の説明パネル 上辺が下辺よりも短い台形の「Type C」(クリックで拡大)
円形FFDとダイヤル型インタフェースを組み合わせた「Dial」「Dial」の説明パネル 円形FFDとダイヤル型インタフェースを組み合わせた「Dial」(クリックで拡大)

 これら4種類のFFDの中でも興味深かったのがFFD+エッジUIの展示である。液晶ディスプレイ端部の静電容量型タッチユーザーインタフェースを用いることで、運転中であっても操作がしやすいことが特徴になっている。「車載機器のユーザーインタフェースをタッチパネルなどにすると、操作時には液晶ディスプレイをしっかりと見る必要がある。エッジUIは、液晶ディスプレイの端部に触れることで操作ができるので、運転時の安全性を高められる」(同社の説明員)という。

「FFD+エッジUI」のカーナビゲーションへの適用例 「FFD+エッジUI」のカーナビゲーションへの適用例(クリックで拡大)

 また後方に向けて設置したに車載カメラをルームミラーに表示する、いわゆる「スマートルームミラー」への適用例も展示した。「スマートルームミラーは、通常のルームミラーとしての機能も求められるので、鏡面に指紋が残るタッチパネルをユーザーインタフェースには使うのは難しい。そういう観点で見ればエッジUIは、スマートルームミラーに最適だろう」(同説明員)としている。

「FFD+エッジUI」のスマートルームミラーへの適用例 「FFD+エッジUI」のスマートルームミラーへの適用例(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.