ニュース
» 2015年10月14日 07時00分 UPDATE

FAニュース:低抵抗設計の穴開け加工用ドリルを発売、振動の抑制で穴精度が向上

京セラは、低抵抗設計を採用した穴開け加工用ドリル「マジックドリル DRA」を発売した。先端に特殊チゼル形状を持つS字曲線切れ刃を採用し、回転軸の軸方向に働くスラスト力を低減した。

[MONOist]

 京セラは2015年10月1日、低抵抗設計を採用した穴開け加工用ドリル「マジックドリル DRA」を発売した。炭素鋼、合金鋼、金型鋼、ステンレス鋼・ねずみ鋳鉄、ダクタイル鋳鉄などの被削材において、優れた穴精度を発揮するという。

 マジックドリル DRAは、先端に特殊チゼル形状を持つS字曲線切れ刃を採用。回転軸の軸方向に働くスラスト力を低減し、被削材への接触時の振動を抑制したことで、穴精度が向上した。また、ねじれ角、フルート形状を最適化し、他社製品に比べて芯厚が20%向上している。本体の剛性を向上させたことで、たわみや軸方向の切削力に強く、安定した切りくずの排出を可能にした。

 さらに、横方向の力に強い拘束面構造と拘束方式により、止めねじを取り外すことなく、レンジで簡単にチップ交換ができる。同社独自開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO(メガコート ナノ)」を採用することで、鋼、ステンレス鋼、鋳鉄などの被削材で安定した加工を可能とし、生産性向上にも貢献するという。

 ホルダは、ストレートシャンクSS型とフランジ付きシャンクSF型に適合した計150型番、チップは加工径φ7.94〜25.50mmに対応し、284種類の型番をそろえた。価格(税別)は、ホルダが2万8500〜8万5200円、チップが6700〜1万4800円となっている。

photo マジックドリル DRA

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

切削加工 | FAニュース | 交換 | 金型


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.