ニュース
» 2015年10月15日 08時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:三菱ふそうがクレーン4基搭載の大型トラックを出展、その名も“スパイダー”

三菱ふそうトラック・バスは、「東京モーターショー2015」において、ナックルブームクレーンを4基搭載した「Super Great V “SPIDER”」や小型トラック「Canter 電気供給車」などを展示する。

[與座ひかる,MONOist]

 三菱ふそうトラック・バスは2015年10月7日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)の出展概要を発表した。ナックルブームクレーンを4基搭載したコンセプトモデル「Super Great V “SPIDER”(スーパーグレートV スパイダー)」や、非常時に電力供給可能な小型トラック「Canter 電気供給車(Power Supply Vehicle)」など、大型トラック2台、小型トラック1台を展示する。

 ブーステーマは「Running ahead(for the drivers of our tomorrow)〜走り続ける。明日をドライブする人のために〜」とし、顧客のために変化を続ける三菱ふそうを表現した。ブース内は「青色(cool)」「赤色(hot)」の各ゾーンに分けられ、イメージに基づいた展示が行われるという。

 目玉となるのは、コンセプトモデルSuper Great V “SPIDER”だろう。ナックルブームクレーンを4基搭載しており、多機能な「働くクルマ」をイメージしている。車両から左右に伸びるクレーンに、パワフルさが見てとれる。

「Super Great V “SPIDER”(スーパーグレートV スパイダー)」 「Super Great V “SPIDER”(スーパーグレートV スパイダー)」 出典:三菱ふそうトラック・バス

 Canter 電気供給車(Power Supply Vehicle)は、小型ハイブリッドトラック「キャンター エコ ハイブリッド」をベースに、ハイブリッドモーターを発電機として利用することで、非常時の電力供給を可能とした小型トラックだ。こちらもコンセプトモデルとなる。

 2015年10月6日に発表された同社のフラッグシップモデル「Super Great V -2016 model-(スーパーグレートV 2016モデル)」も展示する。「動力遮断自動制御システム」と「オートクルーズ エコノミーコントロール機能」を新たに搭載しており、東京モーターショー2015では高速走行を主とする顧客に向けた「エコドライブパッケージ装着車」を展示するという。

「Super Great V -2016 model-(スーパーグレートV 2016モデル)」 「Super Great V -2016 model-(スーパーグレートV 2016モデル)」 出典:三菱ふそうトラック・バス

 これらの他にも、大型観光バス「エアロクィーン」の安全技術を体感できるバーチャルリアリティ体験ブース「AERO VR THEATER」(FUSO エアロ VRシアター)の展示も行う。また、ダイムラーグループの取り組みの一環として、モーターショー会場と六本木の「メルセデス・ベンツコネクション」(東京モーターショー2015の会期中限定で、同所はスマートブランドの車両を展示する「スマートコネクション」となる)を結ぶシャトルバスの運行も行うという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.