ニュース
» 2015年10月16日 10時00分 UPDATE

東京パラリンピックの開会式で見られるか?:音を奏でる車いすは健常者でも乗りたくなる、パフォーマンスで披露 (1/2)

NPO法人であるSLOW LABELによるイベント「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」のパフォーマンスで、ヤマハとヤマハ発動機のデザインプロジェクト「&Y(アンディ)」の第1弾モデルとなる、音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」が登場した。

[朴尚洙,MONOist]

 2015年10月3日、国連大学前広場(東京都渋谷区)において、NPO法人であるSLOW LABEL(スローレーベル)によるイベント「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」のパフォーマンスが行われた。このパフォーマンスで用いられたのが、ヤマハとヤマハ発動機のデザイン部門が1つのテーマのもと共同でデザインするプロジェクト「&Y(アンディ)」の第1弾モデルとなる、音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」だ。

音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」 音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」。右端にあるのは、ベースになった電動アシスト車いす「JWスウィング」だ(クリックで拡大)

 パフォーマンスには、年齢、性別、国籍、障害の有無などを越えて一般公募で選ばれた15人の市民パフォーマーが参加。約15分間のパフォーマンスでは、2台の&Y01の他、ヤマハが開発した1.5mm厚と薄型・軽量で、狭い指向性と音の遠達性を特徴とする「TLFスピーカー」も用いられ、「人間の身体と先端技術の融合によって描かれるオーガニックな世界」(スローレーベル)を多くの来場者が楽しんだ。

「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」のパフォーマンスの序盤「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」のパフォーマンスの序盤 「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」のパフォーマンスの様子。序盤は15人のパフォーマーによるダンスが中心で、「&Y01」は中央に設置された状態(クリックで拡大)
「&Y01」が活躍するのはパフォーマンスの中盤「&Y01」が活躍するのはパフォーマンスの中盤 「&Y01」が活躍するのはパフォーマンスの中盤(クリックで拡大)
パフォーマンスの終盤パフォーマンスの終盤 パフォーマーが持ちあげているテントは「TLFスピーカー」製で中に入ると楽曲が聞こえてくる。このテントが来場者の上を移動してから会場内に入り、ラストを迎える(クリックで拡大)

関連キーワード

ヤマハ | デザイン | ヤマハ発動機


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.