ニュース
» 2015年10月20日 07時00分 UPDATE

FAニュース:一般制御と安全制御を1台で実行できる、安全統合マイクロPLCを発売

シーメンスは、一般制御と安全制御を1台で実行する、安全統合マイクロPLC「SIMATIC S7-1200F」シリーズを国内で発売した。一般制御と安全制御を1台で可能にしたことで、I/Oモジュールも一般制御用と安全制御用を混在して設置できる。

[MONOist]

 シーメンスは2015年10月2日、一般制御と安全制御を1台で実行できる、安全統合マイクロPLC「SIMATIC S7-1200F」シリーズを国内で発売した。

 SIMATIC S7-1200Fシリーズは、一般制御と安全制御を1台で可能にしたことで、I/Oモジュールも一般制御用と安全制御用を混在して設置できる。エンジニアリングは、STEP7のみで構築が可能で、診断情報は自動生成でタッチパネルに表示される。また、国際安全規格IEC61508 2nd Editionに適合し、IEC61508:SIL3、ISO13849-1:PLeまで対応した。

 I/Oモジュールは、最大8モジュールまで拡張が可能。最大約100点の安全I/Oシステムを構築できる。内蔵Webサーバ機能を使用することで、専用プログラミングツールやHMIがなくても、故障・診断情報を容易に取得できる。

 さらに、ラダー言語でのプログラミングが可能で、プログラミングツールやプログラムコメントは、日本語を含む複数言語に対応した。これにより、プログラムの作成・修正、モニタリング作業効率が向上している。

 価格(税別)は、安全CPU「CPU 1214FC DC/DC/DC」が6万9300円、安全I/O「SM 1226 F-DI 16 x 24V DC」が2万3200円、ソフトウェア「STEP 7 Basic V13 SP1」が4万7800円など。

photo 安全統合マイクロPLC「SIMATIC S7-1200F」シリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

安全 | PLC | シーメンス | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.