ニュース
» 2015年10月20日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:センサーモジュールとクラウドの連携でIoT新規事業短期参入を支援

日本IBMは、同社のPaaS「IBM Bluemix」をアルプス電気が採用したと発表した。アルプス電気の「IoT Smart Module」とIBM Bluemixが連携し、新しいIoTシステムを提供する。

[MONOist]

 日本IBMは2015年10月6日、同社のPaaS「IBM Bluemix(ブルーミックス)」をアルプス電気が採用したと発表した。アルプス電気は、IBM Bluemixの導入により、企業がIoT(モノのインターネット)技術を使用して新規事業へ短期間で参入したり、データを活用した新サービスを開始するのを支援する。また、複数センサーと通信モジュールを1パッケージにした「IoT Smart Module(アイオーティー・スマート・モジュール)」と、クラウドのスムーズな連携による新しいIoTシステムの提供を開始する。

 アルプス電気のIoT Smart ModuleとIBM Bluemixが連携することで、センサーデバイスの接続、制御、センサーから出力されるデータの収集、管理、IoTイベントの処理フローの作成など、IoTアプリケーションに必要なソリューションを包括的に提供できる。データのセンシングからクラウドでの展開までがスムーズになり、顧客は収集したデータを活用した新規事業を容易に展開できるという。

 IoT Smart Moduleは、気圧、温湿度、照度などの環境情報を検知できる複数センサーと、無線通信機能をコンパクトな筐体内に搭載したモジュールで「センサーネットワークモジュール」と「環境センサーモジュール」の2シリーズを提供している。世界最小クラスで6軸(地磁気+加速度)検知もできるセンサーネットワークモジュールはBluetooth Smartに対応、防水防塵設計で屋外に設置できる環境センサーモジュールは920MHz帯の通信に対応している。開発キットとして、IBM Bluemixと連携するゲートウェイも提供できる。

 IBM Bluemixは、視覚的に論理フローを組み立てて、アプリケーションの処理ロジックを作成し、誰でも簡単にIoTデータを活用できるNode-REDとMQT(Message Queue Telemetry Transport)というオープンな技術を採用している。IBM Bluemixにより、IoT Smart Moduleが簡単かつ迅速に活用できるプラットフォームとして展開することが期待できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.