ニュース
» 2015年10月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:データ収集能力を従来比6倍に強化したプラント情報管理システム

横河電機は、データ収集能力を高め、より詳細なプラント情報を提供できる、プラント情報管理システム「Exaquantum R3.01」を発売した。データ収集能力を従来の6倍、データ収集点数を従来の5倍に強化している。

[MONOist]

 横河電機は2015年10月1日、データ収集能力を従来の6倍、データ収集点数(タグ数)を従来の5倍に強化した、プラント情報管理システム「Exaquantum(エグザカンタム)R3.01」を発売した。

 Exaquantumは、石油、石油精製、石油化学、鉄鋼、非鉄などの幅広い分野に適用できるプラント情報管理システムだ。今回発売されたExaquantum R3.01は、データ収集能力を従来の6倍に向上させ、締め処理を含めた収集速度で60万タグ/分を可能にした。これにより、データ収集周期を短縮し、データの変化を緻密に捉えることができる。

 1サーバあたりで扱えるタグ数は、従来の5倍となる最大50万データに増加。より高密度・広範囲にわたるプロセスデータを活用してデータ解析を行うため、的確なプラントの状況の把握と改善が可能になるという。

 また、デスクトップPCやラップトップPCに加え、Windows、iOSのタブレット端末からデータを閲覧できる。リアルタイムにプラント内の状況把握が可能になるため、異常発生時にも迅速に対応できる。

 主な用途は、製造業全般のプラントにおけるプロセスデータのリアルタイムでのデータベース化や、蓄積データ同士の演算などによる加工、収集データのグラフィック、トレンド形式、スプレッドシートなどによる表示などを想定している。

photo Exaquantum画面例(トレンド表示画面)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

石油 | 横河電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.