ニュース
» 2015年10月21日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:IoTに関する意識調査、「理解している」人は1割

VSNは「IoT(Internet of Things)に関する意識調査」の結果を発表した。IoTを理解できているのは全体の11.1%で、IoTからイメージするのはスマートホームや家電だということが分かった。

[MONOist]

 VSNは2015年10月1日、「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に関する意識調査」の結果を発表した。調査手法はインターネットリサーチで、調査期間は2015年9月11日〜9月14日。全国のインターネットユーザーの中から10〜50代の男女を対象に調査を実施し、計1177人から回答を得た。

 まず、IoTを理解しているかを尋ねたところ、「理解している」と回答したのは全体の11.1%という結果になった。「全く理解できていない」は67.3%。男女別に見ると、女性の方が理解していない割合が多かった。

 次に、IoTを理解している回答者を対象に、IoTから想起されるイメージを尋ねた。その結果、家電製品をホームオートメーションシステムで制御する「スマートホーム」が32.7%でトップ、次いで「スマート家電」「スマートロック」だった。

 既に活用しているIoTについては、スマートフォンなどを用いて閉開錠・管理ができる「スマートロック」がトップとなった。男女別に見ると、男性は「スマートホーム」、女性は「健康管理」が最も多く、女性はIoTを健康管理に活用していることが分かった。

 最後に、今後IoTに期待することを自由回答してもらったところ、「セキュリティと安全性にまだ不安があるので、堅牢なセキュリティ環境」「誰でも手軽に使用できる分かりやすい操作性」「自分では気付けない生活上の不備な点をIoTでサポートしてもらいたい」などの意見が挙がった。

photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.