ニュース
» 2015年10月22日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高い耐摩耗性と刃先靭性を発揮する高硬度鋼旋削加工用CBN材種を発売

三菱マテリアルは、高い耐摩耗性と刃先靭性を発揮できる高硬度鋼旋削加工用コーテッドCBN材種「BC8120」を発売した。独自の焼結法により、幅広い領域で安定した加工を可能にしている。

[MONOist]

 三菱マテリアルは2015年10月1日、高硬度鋼旋削加工用コーテッドCBN材種「BC8120」を発売した。

 BC8120は、耐溶着性を向上させたTiAlN系コーティングとCBN母材を採用したことで、高硬度鋼旋削加工において、高い耐摩耗性と刃先靭性を発揮できる。特に自動車部品などの高硬度鋼の断続的な旋削加工では、高い汎用性で工具交換を低減し、生産効率を向上できる。

 新開発のTiAlN系コーティングは、耐溶着性の向上により、コーティング剥離を防止できる。CBN素材との付着強度が強く、耐摩耗性と耐チッピング性も向上した。また、超微粒バインダーと微粒CBNを分散することで、クラックの進展を抑制。切削時の突発欠損を防止する。さらに、独自の焼結技術を進化させた新紛体活性焼結法を採用し、CBN焼結体内の純度を高め、幅広い加工領域で安定した加工を可能にした。

 BC8120は191型番で、標準価格は4740〜1万2800円となっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.