ニュース
» 2015年10月22日 13時00分 UPDATE

電気自動車:10分で満充電になるリチウムイオン電池、定格容量の30倍の電流供給も可能

エリーパワーは、急速充放電が可能なリチウムイオン電池「ハイレート電池」を開発した。10分で満充電になる急速充電性能と、最大で定格容量の30倍の電流供給が可能な放電性能を有しており、2015年度内に生産を始める。

[朴尚洙,MONOist]

 エリーパワーは2015年10月22日、急速充放電が可能なリチウムイオン電池「ハイレート電池」を開発したと発表した。10分で満充電になる急速充電性能と、最大で定格容量の30倍の電流供給が可能な放電性能を有しているという。顧客による評価作業を進めるため、2015年度内に生産を始める。

 ハイレート電池は、同社が販売している定置型リチウムイオン電池と同様に、正極材料にリン酸鉄リチウムを用いている。負極材料については、定置型リチウムイオン電池はカーボンを使用しているが、ハイレート電池は「カーボン系だが従来とは異なる材料」(同社)を採用した。これによって、定置型リチウムイオン電池と同様にくぎ刺し、圧壊、過充電しても発煙発火しない安全性を維持しながら、高い充放電性能を実現できているという。なお公称電圧は、定置型リチウムイオン電池と同じ3.2Vである。主な用途は、自動車を含む移動体、風力発電、ロボットなどを想定している。

「ハイレート電池」の充電曲線 「ハイレート電池」の充電曲線。10分で充電率が100%になっている 出典:エリーパワー

 自動車用途で求められる使用温度範囲の拡大にも対応した。従来の定置型リチウムイオン電池は−20〜60℃だったが、ハイレート電池は−30〜65℃となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.