ニュース
» 2015年10月23日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:低コスト・短期間でシステム導入可能なIoTプラットフォームを提供開始

NTTデータは、IoTプラットフォーム「ANYSENSE(エニセンス)」の提供を開始した。主に上下水道、自治体向け河川・道路・防災、民間分野向けのサービスで、開発費用を約3分の1に削減し、短期間でのシステム導入が可能になる。

[MONOist]

 NTTデータは2015年10月1日、IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「ANYSENSE(エニセンス)」の提供を開始した。主に、上下水道、自治体向け河川・道路・防災、民間分野などを対象とし、まずはメタウォーターの上下水道事業者向け監視サービス用にANYSENSEを提供。両社で連携し、同分野におけるIoTサービスの営業や開発を進めていく。

 ANYSENSEは、センサー、機器、プラントなど、離れた場所にあるさまざまな「もの」の情報を収配信するIoTプラットフォームだ。従来のシステムは、デバイスやネットワークの機能的・性能的制約から、目的に応じて個別に開発することが多く、開発・運用コストが高くなる傾向にあった。ANYSENSEは、最新の通信技術やデータ蓄積技術を採用し、新たにソフトウェア開発をすることなく、PLCと接続できる。従来に比べ、開発費用を約3分の1に削減し、短期間でのIoTシステム導入を可能にした。

 また、センターとセンサー間の通信は、MQTTプロトコルによる高速・大量通信が可能。接続回線は、MVNOなどの携帯回線から専用回線まで自由に選択して使用できる。ソフトウェアをモジュール化したことで、ネットワーク機器や機械本体の通信ボードなどの現場機器にも組み込めるという。

 提供形態は、月額利用料型の「クラウドサービス」と、同社のクラウドセンター内に専用のクラウド環境を構築する「プライベートクラウド」、各ユーザーの拠点にシステムを構築する「オーダーメイド開発」の3種となる。

photo 「ANYSENSE」の概要
photo 上下水道分野での活用イメージ
photo 河川・道路・防災分野での活用イメージ
photo 民間分野での活用イメージ(工場・プラント管理)
photo 民間分野での活用イメージ(在庫・保守管理)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.