ニュース
» 2015年10月23日 08時00分 UPDATE

ET2015 開催直前情報:ステレオビジョンとNVMe、富士ソフトがET2015で多彩なIPコアを駆使した展示

ET2015にて、富士ソフトはステレオビジョンIP「Stereo Vision IP Suite」や次世代ストレージ規格に準拠した「NVMe IP Core」を中心に、自社他社にとらわれない豊富なIPによる多彩なデモを行う。

[與座ひかる,MONOist]

 2015年11月18〜20日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2015/組込み総合技術展(以下、ET2015)」「IoT Technology 2015」が開催される。

 ET2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2015/IoT Technology 2015の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 ここでは、富士ソフトの展示について紹介する。同社は「業界をリードする組み込み機器、当社なら作れます」というテーマの下、ステレオビジョンIP「Stereo Vision IP Suite」や次世代ストレージ規格に準拠した「NVMe IP Core」を中心にデモを行う。

富士ソフトの出展イメージ 富士ソフトの出展イメージ(クリックで拡大)

 ステレオビジョンIP「Stereo Vision IP Suite」は、長年自動車メーカーのステレオカメラ研究に携わった東京工業大学 准教授の實吉敬二氏のアルゴリズムを採用したステレオビジョンIPスイートだ。自動車のみならず、セキュリティ、FA、航空宇宙の分野からも注目を集めているといい、少量多品種の製品への搭載や、プラットフォームとしての提供も可能だ。ET2015では、自動車走行動画やリアルタイム映像などのデモを用意し、「FPGAだからできるステレオシステム」を来場者に訴求する。

「Stereo Vision IP Suite」 「Stereo Vision IP Suite」(クリックで拡大)

 「NVMe IP Core」は、SSD活用へ期待されている次世代ストレージ規格「NVMe」の標準規格に完全準拠した製品だ。FPGA向けのコントローラーIPを提供するベンダーとしては「日本国内で初」(同社)だという。ブース内ではIP Core製品の開発や販売、その他IP Coreを使ったソリューション展示も行われる。

 同社は20年以上のFPGA開発経験から(ALTERAのPremium認定、XilinxのCertified認定を得ている)、ソフトウェアとハードウェア双方の技術ノウハウを保有している。ET2015では双方の技術の融合で顧客に勝ちを提供できることをアピールする他、自社製/他者製問わず、最適なソリューション提案を行っていくとしている。

Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015

展示会名 Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015
会期 2015年11月18日(水)〜20日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/expo/
富士ソフト ブースNo. F-01

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.