ニュース
» 2015年10月23日 13時50分 UPDATE

CADニュース:「Autodesk 123D Design」が待望の日本語対応へ

オートデスクは、期間限定ギャラリー「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」のオープンイベントにおいて、「Autodesk 123D Design」の日本語版を近日中にリリースすると発表した。

[與座ひかる,MONOist]

 オートデスクは2015年10月23日、無償3次元CAD「Autodesk 123D Design」の日本語版を提供すると発表した。詳細な日程は未定だが、同年10月下旬〜11月上旬ごろからダウンロード可能になる見込みだという。

 同発表は、オートデスクが開設した期間限定ギャラリー「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」のオープンイベントに登壇した、同社 ブランド&コミュニケーション担当副社長 グレッグ・エデン氏のプレゼンテーション内で明かされた(関連記事:最新モノづくりの“ストーリー”を体感できる「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」)。

オートデスク ブランド&コミュニケーション担当副社長 グレッグ・エデン氏 オートデスク ブランド&コミュニケーション担当副社長 グレッグ・エデン氏

 日本語版リリースの理由として、広報担当の池田一臣氏は「日本は、Autodesk 123D Designのユーザー数ランキングで世界第2位を誇る大切な市場です。東京オリンピックが決まった追い風もあり、『Autodesk Fusion 360』に続き日本語版をリリースすることになりました」と背景を述べた(関連記事:日本語対応した「Fusion 360」――未来のモノづくりプラットフォームに)。

 既に、スマートフォンで撮影した画像から3Dモデルを作成できる「Autodesk 123D Catch」、3Dデータ編集ツール「Meshmixer」、ロボットフィギュアを簡単に作成できる「Tinkerplay」についても日本語対応が完了している。

プレゼン資料 「Autodesk 123D Design」が日本語対応へ。既に「Autodesk 123D Catch」「Tinkerplay」「Meshmixer」の日本語化が進んでいる

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.