ニュース
» 2015年10月23日 19時06分 UPDATE

7万円台でSLAM搭載の掃除ロボット、ライバルより安価に

センサーによって自己位置の推定とマッピングを行う「SLAM」技術を搭載したロボット掃除機「Botvac D」シリーズに新製品。走破性を高め、SLAM搭載のライバルを迎える。

[渡邊宏,MONOist]

 ネイト ロボティクスは販売する全自動ロボット掃除機「Botvac D」シリーズに新製品3モデルを追加、2015年10月23日より順販売開始する。

 新製品はいずれも搭載するセンサーによって自己位置の推定とマッピングを行う「SLAM (Simultaneous Localization and Mapping)」技術の活用により効率的な掃除を行う。同社は既存製品よりSLAM技術の搭載を進めており、新製品はじゅうたんやラグマットに乗り上げる際の抵抗を削減する構造とすることで、室内での走破性を高めた。また、ブラシの形状を変更することでゴミをかき出す力を高め、同時に動作音の低減も図っている。

「Botvac D8500」 「Botvac D8500」

 SLAM技術についてはiRobotの「ルンバ960」やダイソン「ダイソン Eye 360」など今秋に登場したロボット掃除機の新製品に搭載が進んでおり、ロボット掃除機の“インテリジェンス化”が注目されている。

 「Botvac D」シリーズが搭載するSLAM技術はレーザー光を用いるもので、ルンバ960やダイソン Eye 360のようなカメラは搭載しない。2014年に同社が日本市場へ参入する際、米Neato Robotics会長兼CEOのジャコモ・マリーニ氏はレーザー光による測位でも十分な精度を出せ、しかもカメラを搭載しない分だけコスト面で有利だ」とSLAM技術の精度と価格競争力を武器にする意向を示していた。

 販売されるのは「Botvac D8500」「Botvac D8000」「Botvac D7500」の3モデルで、価格はD8500が7万9800円、D8000が7万8800円、D7500が7万5800円(いずれも税別)。3モデルの相違点は本体カラーと付属品で、D8500とD8000には新型の「2重らせんコンボブラシ」と「スパイラルブレードブラシ」、アレルゲンカットフィルターが付属する(D8500は3個、D8000は1個が付属)。D7500にはスパイラルブレードブラシ1本と標準フィルター2個が付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.