ニュース
» 2015年10月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高反射材の安定加工を可能にした、ファイバーレーザー加工機を発表

ヤマザキマザックは、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER」を発表した。従来のモデルでは切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2015年10月8日、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER(オプティプレックス ネクサス 3015 ファイバー)」を発表した。

 OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBERは、コストパフォーマンスを追求したファイバーレーザー加工機のエントリーモデルとなる。従来のCO2レーザー加工機では切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。

 新たに開発されたマルチコントロールトーチと、各種のインテリジェント機能を標準で搭載。段取り作業の自動化と加工状況の監視などを機械が行い、是正することで、生産性の向上と高品質な部品加工を可能にした。

 また、人間工学を採用したタッチパネル式CNC装置「MAZATROL PREVIEW3」を搭載している。高速のCPUを内蔵したMAZATROL PREVIEW3により、レーザー発振指令の応答性の向上や最適加減速制御を可能とし、加工時間を短縮している。

 さらに、規定のパターンから選択するだけで簡単な形状の加工プログラムが作成できる、形状簡易入力機能も搭載。コンパクトマニュファクチャリングセル(多段パレットチェンジャ)やレーザーFMSなど、ユーザーの生産形態に合わせた自動化への拡張も可能だという。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.