ニュース
» 2015年10月27日 12時00分 UPDATE

オートモーティブ メルマガ 編集後記:「東京モーターショー2015」はクルマの未来を示せるか

今回のワールドプレミアからクルマの未来を感じますか?

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年10月27日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


「東京モーターショー2015」はクルマの未来を示せるか

 10月初旬開催の「CEATEC JAPAN 2015」が終わったばかりという感覚ですが、今週から「東京モーターショー2015」が開幕します。われわれ編集記者が取材するプレスデーが2015年10月28日に始まり、一般公開の期間は10月30日〜11月8日となります。

 既に参加各社から出展概要が発表されています。MONOistでも「東京モーターショー2015」の特集ページを開設しており、現時点で24本の開催直前情報を掲載しています。

 プレスデーが始まり次第、各社のプレスブリーフィングの模様などを速報記事として順次掲載していきます。ぜひチェックしてください。

 さて、今回の東京モーターショー2015ですが、私が注目すべきテーマと考えているのが、自動運転技術と電気自動車・プラグインハイブリッド車です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.