ニュース
» 2015年10月27日 18時00分 UPDATE

「マシンと対話」の有効性、NTTら3社が実証実験

NTTら3社がインタラクション技術と電動車いす「WHILL」を用いた、「モビリティ型パーソナルエージェント」の共同実験を実施する。搭乗する機械(電動車いす)と人間の対話の有用性を検証する。

[渡邊宏,MONOist]

 NTTとNTTドコモ、WHILLの3社は2015年10月27日、インタラクション技術と電動車いす「WHILL」を用いた、「モビリティ型パーソナルエージェント」の共同実験を同日より2016年3月末まで実施すると発表した。

 WHILLにNTTドコモのスマートフォンを装着、クラウド対応型デバイス連携制御技術「R-env:連舞」と音声認識・音声制御エージェントを実装することで、初めての利用者に対してもモビリティ機器からの音声で操作トレーニングを行う。説明員を搭乗する機械そのものが代替することで省力化を実現する他、走行データからのフィードバックを随時、音声にて行うことで、的確な操作能力向上指導も可能にする。

操作トレーニングシステムイメージ 操作トレーニングシステムイメージ

 実験ではWHILLの操作習得を主な目的とするが、将来的にはR-env:連舞に対応するサービスとデバイスを増やすことでパーソナルロボットや家電などのエージェント化を図り、機械が人間の状況を理解し、働きかけ、行動や気付きを促すシステムの構築を目指すとしている。

「人を促す」サービスの構想 「人を促す」サービスの構想
「人を促す」サービスの構想 R-env:連舞を利用し、クラウド経由で家庭内のロボットや家電とも連携するという構想

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.