ニュース
» 2015年10月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:Low Profile対応のPCI Express拡張ボードを発売、フォトカプラ絶縁入出力を搭載

コンテックは、Low Profile規格に準拠したPCI Express拡張ボードを発売した。12〜24VDC回路に対応したフォトカプラ絶縁入力と、フォトカプラ絶縁オープンコレクタ出力を搭載している。

[MONOist]

 コンテックは2015年10月16日、フォトカプラ絶縁入出力インタフェースを搭載し、Low Profile規格に準拠したPCI Express拡張ボードを発売した。ラインアップは、電源内蔵タイプの「DIO-1616B-LPE」と電源なしの「DIO-1616L-LPE」の2種。製造装置や検査装置などのコントローラーとして使用される省スペースPCにおいて、デジタル信号の入出力機能が増設可能になるという。

 今回発売された拡張ボードは、12〜24VDC回路に対応したフォトカプラ絶縁入力16点とフォトカプラ絶縁オープンコレクタ出力16点のインタフェースを搭載。入力には、チャタリングなどによる信号ON/OFFの誤認識を防ぐデジタルフィルタ機能を備え、出力にはサージ電圧保護のツェナーダイオードと過電流保護回路を内蔵した。

 DIO-1616B-LPEは、これらの機能に加え、12VDC電源を内蔵している。外部の直流電源が確保できない場合でも、入出力回路を駆動できる。

 同社従来製品の「PIO-16/16L(LPCI)H」「PIO-16/16B(LPCI)H」とは入出力信号接続用コネクタの形状/信号配置が共通のため、同一のケーブル/アクセサリ製品を使用できる。また、同一のAPIも利用可能で、PCIからPCI Expressを使ったシステムへの移行も容易にした。

 価格(税別)は、DIO-1616B-LPEが3万8000円、DIO-1616L-LPEが3万円となっている。

photo 左:DIO-1616L-LPE 右:DIO-1616B-LPE

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

PCI Express | コンテック | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.