ニュース
» 2015年10月28日 11時00分 UPDATE

ET2015 開催直前情報:「すぐにつながる」「すぐに使える」IoTをワンストップ提供、ディジ インターナショナル

創業30周年を迎えるディジ インターナショナルはこれまでも企業のIoT/M2Mを支援してきたが、ET2015ではさらに分かりやすく小売りや流通、インフラなど6つの分野についてIoT/M2Mの活用シーンにフォーカスしたデモを行う。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年11月18〜20日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2015/組込み総合技術展(以下、ET2015)」「IoT Technology 2015」が開催される。

 ET2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2015/IoT Technology 2015の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 ここではディジ インターナショナルの展示について紹介する。早くからIoT/M2Mの可能性に着目し、さまざまな企業のIoT/M2M化を支援してきた同社は「Connect with Confidence」のスローガンを掲げ、IoT/M2Mが企業の成長はもちろん、顧客サービス向上にも不可欠であることを豊富なデモでアピールする。

「Connect with Confidence」 企業のIoT/M2M化を支援

新ブランドロゴ

 ディジ インターナショナルのブースでは「エナジーマネジメント」「公共インフラ」「医療・ヘルスケア」「インダストリアル」「小売/リテール」「輸送/運輸」と同社の注力する6分野において、IoT活用シーンにフォーカスしたデモを行う。

 同社はさまざまなネットワークに対応した組み込みモジュールから、ソフトウェア/ミドルウェア、デバイスクラウドまでを自社開発にてワンストップ提供する体制を整えており、“すぐに使える”“すぐにつながる”“すぐに活用できる”現実的なIoTを各種デモを通じて紹介する予定だ。

 製品としてはWi-FiおよびBluetooth LEを内蔵したi.MX6ベースSoC「ConnectCore 6」およびシングルボードコンピュータ「ConnectCore 6 SBC」、クラウド対応組み込みWi-Fiモジュール「XBee Wi-Fi」、ZigBee組み込みRFモジュール「XBee / XBee-PRO ZB 」などの組み込みモジュールなどを展示し、前述の注力6分野での採用事例を交えて、実演が行われる。また、会場限定としてクラウド対応のIoT開発キットを1万円(税込)からの特別価格で販売する。

ConnectCore 6 SBC i.MX6ベースのシングルボードコンピュータ「ConnectCore 6 SBC」

 機器のネットワーク化やIoT/M2M対応を検討する企業は多く、同社では30年にわたる歴史の中で“すぐに使える”“すぐにつながる”ソリューションを提供し続けてきた経験を持つ。新たに掲げたスローガン「Connect with Confidence」のもと、今後も企業のIoT/M2M化支援を続けていくとしている。

Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015

展示会名 Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015
会期 2015年11月18日(水)〜20日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/expo/
ディジ インターナショナル ブースNo. B-13

関連キーワード

IoT | 組み込み | Embedded


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.