ニュース
» 2015年10月28日 22時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:日産の自動運転は“心地よい”、コンセプトEV「Nissan IDS Concept」 (1/3)

日産自動車が東京モーターショー2015で自動運転技術のコンセプトEV「Nissan IDS Concept」を世界初公開。「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」という同社の自動運転車コンセプトを具現化。“人にとって心地よい”自動運転とは?

[西坂真人,MONOist]

 日産自動車は2015年10月28日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)のプレスブリーフィングで、自動運転技術のコンセプトEV「Nissan IDS Concept(ニッサンIDSコンセプト)」と軽自動車タイプのコンセプトEV「TEATRO for DAYZ(テアトロ for デイズ)」を世界初公開(ワールドプレミア)した。

自動運転技術のコンセプトEV「Nissan IDS Concept(ニッサンIDSコンセプト)」 自動運転技術のコンセプトEV「Nissan IDS Concept(ニッサンIDSコンセプト)」

 Nissan IDS Conceptは「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」という同社の自動運転車コンセプトを具現化したもの。

  1. 自動運転時には、クルマがさまざまな運転操作を行うのはもちろん、加速やブレーキング、コーナリングなど、あらゆる場面においてドライバーの思いのままに動くこと。
  2. 自らステアリングを握る時は、ドライバーが安心して意のままにクルマを操れるドライビングフィールを提供できること。

 この2つの機能によって、ドライバーが日々のストレスから解放され、心身ともにリラックスした状態で移動することができる、というのがニッサン・インテリジェント・ドライビングのテクノロジーが目指すところだ。

mn_151028nissan_02.jpgmn_151028nissan_03.jpg

 同社の社長兼CEO カルロス ゴーン氏は「ニッサン・インテリジェント・ドライビングがドライバーの認知・判断・操作をサポートすることで、現在発生している交通事故の原因の9割を占めるといわれる“人間の運転ミス”を補い、より安全でかつ楽しいドライビングを実現できる」と、同社が目指す自動運転車が生み出す未来像を語った。

「より安全でかつ楽しいドライビングを実現できる」(ゴーン氏) 「より安全でかつ楽しいドライビングを実現できる」(ゴーン氏)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.