ニュース
» 2015年10月29日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:システム統合を効率化する、石油精製業界向けソリューションを提供開始

横河ソリューションサービスとシスコシステムズが協業し、石油精製業界向けソリューションの提供を開始した。プラントの制御・情報系システムと、それぞれが扱うデータを構造化・標準化し、可搬性を向上させた。

[MONOist]

 横河ソリューションサービスとシスコシステムズは2015年10月13日、情報技術(IT)とインダストリアルオートメーション技術を融合させた、石油精製業界向けソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションの導入により、プラントの生産・管理などの情報系システムと、生産工程を監視・制御する制御系システムの統合・再構築・改造などが効率化するという。

 新ソリューションは、プラントの制御・情報系システムと、それぞれが扱うデータを構造化・標準化し、可搬性を向上させた。これにより、プラント全体の制御・情報システムの統合・構築・改造などを容易にするフレームワークを確立し、高付加価値の制御・情報システムソリューションを効率よく提供するという。

 また、通信などのセキュリティを担保した範囲を拡大したことで、工場内の制御・情報システムの統合に加え、本社や他工場など、複数工場間との情報連携なども可能。プラントの統廃合のほか、新設・増設などにも適用できる。

 従来は機能別に分散していたシステムを1つの情報基盤として扱うことが可能になるため、必要な情報を必要な人に、必要な形で任意のタイミングでレポートできる。任意のKPI設定も可能。さらに、プラントの蓄積情報の活用や広範囲の情報収集により、製品品質の向上や操業の効率向上などに向けて、多角的で精度の高い分析が可能になるという。

 同社では、新ソリューションを用いることで、より上位の管理層システムなどとの情報連携も容易にし、経営の効率化につながるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.