ニュース
» 2015年10月29日 06時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:「カフェみたい」な商用車に注目、ダイハツのコンセプトカーが“ほぼ”店舗

「東京モーターショー2015」のダイハツ工業ブースで、FF車のメリットを生かした移動販売車「TEMPO(テンポ)」を披露。乗用車のメリットを反映した、新しくてかわいい商用車に注目が集まった。

[與座ひかる,MONOist]

 ダイハツ工業は2015年10月28日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)でコンセプトカー4車種を初公開した。

 同日開催したプレスブリーフィングでは、近未来コミューター「NORI ORI(ノリオリ)」を中心に紹介されたが、記者団から好評だったのは新ジャンルの軽商用車「TEMPO(テンポ)」だ。

新ジャンルスペース系商用車「TEMPO(テンポ)」 新ジャンルスペース系商用車「TEMPO(テンポ)」(クリックで拡大)

 テンポはFF車のメリットを最大限に生かした新しい移動販売車。助手席側にLED照明付の大型ガルウイングドアを採用し、開くと八百屋のテント屋根のような「店舗らしい」見た目に早変わりする。カウンターテーブルやショーケースを装備しているほか、側面に搭載されたデジタルサイネージを“看板”として活用することもできる。

後部ドアにも棚がついており、収納には困らない。中も広々だ 後部ドアにも棚がついており、収納には困らない。中も広々だ(クリックで拡大)

 同社社長の三井正則氏は「従来の商用車は苦手という方でも、気に入って頂けるよう、運転しやすく情報性に富むクルマに仕上げた。『ウェイク』や『タント』のプラットフォームを応用しているので、荷物もたくさん積むことができる。発想の転換から生まれたモデルだ」と解説した。

「TEMPO(テンポ)」運転席のようす 「TEMPO(テンポ)」運転席のようす(クリックで拡大)

「支え合い」をキーワードにしたモデル群

 初公開となった「NORI ORI(ノリオリ)」「TEMPO(テンポ)」「D-base(ディーベース)」「HINATA(ヒナタ)」。これらコンセプトカー4車種に通じるキーワードは「支え合い」だ。

軽快な「乗り降り」で、赤ちゃんから年配者まで気遣う「NORI ORI」 軽快な「乗り降り」で、赤ちゃんから年配者まで気遣う「NORI ORI」(クリックで拡大)
独自の低燃費技術「e:sテクノロジー」を追求した次世代環境車「D-base」両側観音開きドアで“母と娘の語らい”がイメージされた「HINATA(ヒナタ)」 独自の低燃費技術「e:sテクノロジー」を追求した次世代環境車「D-base」(左)と両側観音開きドアで“母と娘の語らい”がイメージされた「HINATA(ヒナタ)」(クリックで拡大)

 三井氏は「これからのクルマ、未来の技術を各社が競って提案するのがモーターショーだが、ダイハツは少し視点を変えて『私たちの将来の暮らし』を提案する」と“支え合い”というキーワードに至った背景を説明した。

一般公募のデザインで「コペン」を実車化へ

 当日はサプライズで「コペン」の外装デザインコンテスト「DRESS-FORMATION Design Award」の表彰式も開催された。グランプリ作品の「COPEN ADVENTURE」は2016年1月の東京オートサロンにて「実車化」されるという。

 三井氏は「開かれたモノづくりへの新たな一歩となるコンテスト」と喜びをあらわにし、受賞者の越坂部圭亮氏をねぎらった。

グランプリを受賞した越坂部圭亮氏とダイハツ工業社長の三井正則氏 グランプリを受賞した越坂部圭亮氏とダイハツ工業社長の三井正則氏(クリックで拡大)
グランプリ作品で実車化が決まった「COPEN ADVENTURE」準グランプリ作品の1つ「コペン ネコ」 グランプリ作品で実車化が決まった「COPEN ADVENTURE」(左)と準グランプリ作品の1つ「コペン ネコ」(右)(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.