ニュース
» 2015年10月29日 09時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:スズキの世界初公開は総計11台、100周年に向けて加速 (1/2)

スズキは「東京モーターショー2015」にて“次の100年”を見据えた製品群を発表した。ハイブリッドシステム搭載の「ソリオ」から「GSX」のコンセプトオブジェまで、挑戦的な展示となった。

[與座ひかる,MONOist]

 スズキは2015年10月28日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)で新コンセプトの軽自動車「MIGHTY DECK(マイティデッキ)」をはじめとする四輪車8台、二輪車3台、計11台を世界初公開した。

 プレスブリーフィングには、同社代表取締役社長の鈴木俊宏氏が登壇。ブーステーマ「SUZUKI NEXT 100」を軸にした製品群を紹介し、2020年に迎える“100周年”に向けての思いを語った。

スズキ代表取締役社長の鈴木俊宏氏 スズキ代表取締役社長の鈴木俊宏氏

アウトドアな四輪からクロスバイク風原付まで

 合計11台の世界初披露モデルが展示されたブース内で、鈴木氏とともに壇上に上げられたのは「マイティデッキ」「エアトライサー」「イグニス トレイルコンセプト」「ハスラー スクート」「フィール フリー ゴー!」の計5台だ。

 マイティデッキは新しい「遊べる軽」をテーマに、自動で昇降するオープンデッキを搭載したコンセプトカーだ。通常なら相反する“都会と自然”“ウチとソト”を自由に行き交う「アーバンアウトドア」をコンセプトに掲げた。

「遊べる軽」がコンセプトの「MIGHTY DECK(マイティデッキ)」 「遊べる軽」がコンセプトの「MIGHTY DECK(マイティデッキ)」(クリックで拡大)

 エアトライサーは「プライベートラウンジ」をテーマに掲げる新発想の3列シートミニバンコンセプト。移動だけでなく「仲間と過ごす時間」に焦点を当てたモデルで、座席を「コ」の字型など自由に配置できることが特長。

 イグニス トレイルコンセプトは、同日初公開となったコンパクトクロスオーバー「イグニス」をさらに力強くしたコンセプトモデル。大径タイヤやアーチモールなど、アウトドア色を協調した特別なコーディネートを施し、イグニスの楽しさを広げた。

3列シートミニバン「Air Triser(エアトライサー)」コンパクトクロスオーバー「IGNIS(イグニス)」をさらに進化させた「IGNIS-Trail Concept(イグニス トレイルコンセプト)」 3列シートミニバン「Air Triser(エアトライサー)」(左)と、「IGNIS-Trail Concept(イグニス トレイルコンセプト)(右)(クリックで拡大)

 二輪車のハスラースクートは、四輪車「ハスラー」のポップさを受け継いだコンセプトモデル。従来のシート下収納スペースに加え、フットスペースにも持ち運びができる“収納ケース”を用意。アクティブな二輪車に仕上げた。

 自転車のような見た目のフィール フリー ゴー! は、「気軽にバイクに乗って出かけてほしい」という思いが込められた二輪車。名前の由来は同社初の二輪車「パワーフリー号」に由来している。クロスバイク同様な楽しさを味わえるよう、ハンドルグリップ式のギヤチェンジやサドルシートを採用した。

四輪車「ハスラー」のデザインを二輪車に生かした「HUSTLER SCOOT(ハスラースクート)」コンパクトクロスオーバー「IGNIS(イグニス)」をさらに進化させた「IGNIS-Trail Concept(イグニス トレイルコンセプト)」 四輪車「ハスラー」のデザインを二輪車に生かした「HUSTLER SCOOT(ハスラースクート)」(左)自転車のクロスバイクをモチーフにした原付「Feel Free Go!(フィール フリー ゴー!)(右)(クリックで拡大)
同じく世界初公開となった「IGNIS(イグニス)」 同じく世界初公開となった「IGNIS(イグニス)」(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.