ニュース
» 2015年10月29日 08時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:クールな東京っ子の最先端リビング空間、ベンツ「Vision Tokyo」

メルセデス・ベンツブランドのコンセプトカー「Vision Tokyo」が東京モーターショー2015で世界初公開。“メガシティ東京”で将来中心となる若い年齢層のニーズにこたえるための近未来カーだ。

[西坂真人,MONOist]

 Daimler(ダイムラー)は2015年10月28日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)のプレスブリーフィングでMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)ブランドのコンセプトカー「Vision Tokyo」を世界初公開(ワールドプレミア)した。

メルセデス・ベンツブランドのコンセプトカー「Vision Tokyo」 メルセデス・ベンツブランドのコンセプトカー「Vision Tokyo」

 Vision Tokyoは、2015年1月の「2015 International CES」で披露された自動運転車のコンセプトカー「Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion」の流れをくむモデル。自動運転時代におけるクルマの可能性を明らかにし、“メガシティ東京”で将来中心となる若い年齢層「ジェネレーションZ(現在の高校生〜大学生)」のニーズにこたえるための近未来カーだ。

 デザインは、グローバルに展開するメルセデス・ベンツ・アドバンスド・デザインスタジオのデザイナーたちによって考案。メルセデス・ベンツの若々しい魅力と、メルセデス・ベンツが時代のスタイルに影響力を持つデザインを発信するブランドであることを示しているという。

mn_151029benz_02.jpg

 5人乗りのボディは全長4803mm、全幅2100mm、全高1600mmと、ミディアムクラスのモデルと同等のサイズ。乗降は左側にある上開きのドアから行う。


mn_151029benz_03.jpg サウンドアナライザーのように音のパターンを視覚化

 ホイールベースの長い独特なスタイリングは、常に新しいトレンドを生み出す洗練されたメガシティ「東京(Tokyo)」をイメージして作られており、優れたスペース効率、多目的性、知能を持つコネクト機能を備えている。F 015 Luxury in Motionと同様にコミュニケーションの手段として「光」を利用。ホイールとサイドスカートの光は、優れた効率を実現した電動パワートレインを表現しており、リアウィンドウではライトキューブで立体的なトンネルのような光の効果を演出。車内で音楽をかけると、まるでサウンドアナライザーのように音のパターンを視覚化する。

 Daimlerのデザイン統括であるゴードン・ワグナー氏は「Vision Tokyoは次世代のメガシティを想定し、自動車をラウンジの様に使うというコンセプトを具現化したもの。Vision Tokyoが示す純粋性と官能性は、メルセデス・ベンツのデザインフィロソフィ、“モダンラグジュアリー”に新たな解釈を加える」と語る。

mn_151029benz_04.jpgmn_151029benz_05.jpg シートレイアウトは、フェイストゥフェイス コミュニケーションに最も適したタイプを採用(左)。Vision Tokyoを人が運転する時は、飛行機の操縦室の「ジャンプシート」のようにソファの前方中央から進行方向を向いたシートとなる(右)
mn_151029benz_06.jpg エンターテインメントシステムのアプリや地図、ディスプレイは、室内に3Dホログラムで表示
mn_151029benz_07.jpg Daimlerのコンパクトモデル「smart(スマート)」の新型も日本初公開
mn_151029benz_08.jpg (左から)Daimler デザイン統括のゴードン・ワグナー氏、メルセデス・ベンツ日本 社長兼CEOの上野金太郎氏、Daimler smart責任者のアネット・ウィンクラー氏

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.