ニュース
» 2015年10月29日 18時40分 UPDATE

Windows 10 IoT Core:Qualcomm「DragonBoard 410c」がWindows 10 IoT Coreに対応

米Qualcommが同社開発ボード「DragonBoard 410c」のWindows 10 IoT Core対応を発表した。

[渡邊宏,MONOist]

 米Qualcommは2015年10月28日(現地)、同社開発ボード「DragonBoard 410c」がWindows 10 IoT Coreに対応したと発表した。米Microsoftは同年3月にWindows 10の開発ボードとしてDragonBoard 410Cを紹介しており、その紹介が現実のものとなった格好だ。

 既にMicrosoftのWindows Dev Centerには、DragonBoard 410C向けのInsider Previewが用意されている他、QualcommからはWindows 10 IoT Core向けの開発をするためのソフトウェアとツールの提供も開始されている。

「DragonBoard 410c」 「DragonBoard 410c」

 DragonBoard 410CはCPUにクアッドコアのCortex-A53を採用、GPUにQualcomm Adreno 306を採用することでOpen GL ES 3.0やOpen CL、Direct Xなどもサポートされている。インタフェースには、HDMIやmicroUBS、USB2.0、通信機能にはIEEE802.11b/g/nやBluetoothなどを備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.