ニュース
» 2015年11月02日 06時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:カワサキの「走りへのこだわり」を体現、最新スーパーチャージドエンジン公開

川崎重工業が「東京モーターショー2015」で、「バランス型スーパーチャージドエンジン」を展示した。プレスブリーフィングには二輪車事業トップの富田健司氏が登壇、「RIDEOROGY」をテーマに同社製品の魅力を語った。

[與座ひかる,MONOist]

 川崎重工業は2015年10月28日、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)において、「バランス型スーパーチャージドエンジン」を参考出展した。2015年に「Ninja H2/H2R」用として発表した「スーパーチャージドエンジン」の後継にあたる製品で、より高性能・高効率を達成。川崎重工業グループのさまざまな技術を応用した「完全自社製」だ。

川崎重工業の「バランス型スーパーチャージドエンジン」 川崎重工業の「バランス型スーパーチャージドエンジン」(クリックで拡大)

 ガスタービン技術のフィードバックを用いた新しい機構として、吸入口の手前に電子制御フラップを設置。吸気の量や流れ方向を緻密にコントロールすることが可能になり、圧縮効率や燃焼効率の向上につながったという。

 同社モーターサイクル&エンジンカンパニー プレジデントの富田健司氏は「エキサイトメントとクリーンネスを両立させた、新たなライディングエクスペリエンスが実現する日は遠くない未来だ」と語った。

川崎重工業 モーターサイクル&エンジンカンパニー プレジデントの富田健司氏 川崎重工業 モーターサイクル&エンジンカンパニー プレジデントの富田健司氏

カワサキは「RIDEOLOGY」を提唱

 富田氏は、ブースに展示された「900 SUPER FOUR(Z1)」「Ninja H2/H2R」を引き合いに“カワサキ”の歴史を振り返り「これからは、カワサキの原点でもある『走りへのこだわり』を知って頂きたい」と語った。その思いを「走り=RIDE」と「こだわり=IDEOLOGY」を合わせた造語である「RIDEOLOGY(ライディオロジー)」というキャッチコピーで表現。今後も、「RIDEOLOGY」の精神を軸に独自の価値を生みだしていくという。

カワサキ製品の魅力を受け継いだ、未来のモーターサイクルのコンセプト「Concept SC 01 -Spirit Charger-」(スケッチ) カワサキ製品の魅力を受け継いだ、未来のモーターサイクルのコンセプト「Concept SC 01 -Spirit Charger-」(スケッチ)(クリックで拡大)

日本初公開となる3モデルの展示も

 川崎重工業ブースでは、日本初公開となる「Ninja ZX-10R ABS(KRT Edition)」「Ninja ZX-14R ABS(High Grade)」「Z125 PRO」の展示も行われた。

 「Ninja ZX-10R ABS(KRT Edition)」は、2015年スーパーバイク世界選手権で年間タイトルを獲得した「Ninja ZX-10R(レース仕様)」のノウハウを反映した市販モデル。998cc並列4気筒エンジンを採用し、クランクシャフトの慣性モーメントの低減によりコーナー出口の加速度向上と、シャープなハンドリングを実現した。

「Ninja ZX-10R ABS(KRT Edition)」 「Ninja ZX-10R ABS(KRT Edition)」(クリックで拡大)
「Ninja ZX-14R ABS(High Grade)」 「Ninja ZX-14R ABS(High Grade)」(クリックで拡大)
「Z125 PRO」 「Z125 PRO」(クリックで拡大)

関連キーワード

エンジン | 東京モーターショー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.