ニュース
» 2015年11月02日 11時00分 UPDATE

東京モーターショー2015:進化版「コムス」は三段変形ロボット!? アルファードは豪華クルーザーに (1/2)

トヨタ車体は「東京モーターショー2015」で、同社の超小型EV「コムス」の進化版である「コムス コネクト」の他、“個性的すぎる”4車種を世界初披露した。

[與座ひかる,MONOist]

 トヨタ車体は、「東京モーターショー2015」(一般公開日:2015年10月30日〜11月8日、東京ビッグサイト)において、超小型電気自動車(EV)「コムスの進化版コンセプト「コムス コネクト」やオープンクルーザー「アルファード エルキュール コンセプト」をはじめとする5車種を世界初公開した。

 2015年8月で創立70周年を迎えたトヨタ車体。10月29日に開催されたプレスブリーフィングには、同社社長の岩瀬隆広氏が登壇し、「Active Life Vehicles」をテーマに新しいライフスタイルを提案した。

「コムス コネクト」とトヨタ車体社長の岩瀬隆広氏 「コムス コネクト」とトヨタ車体社長の岩瀬隆広氏(クリックで拡大)

進化した超小型EV「コムス コネクト」

 コムス コネクトは、トヨタ車体オリジナルの超小型モビリティだ。さまざまなニーズに応えるべく、通常1人乗り状態の「パーソナルモード」に加え、荷物の配送に便利な専用背面ボックスを装備できる「デリバリーモード」、脱着式のタンデムシートを取り付けて2人乗りが可能な「タンデムモード」を採用した。フレームにリチウムイオンバッテリーとインホイールモーターを搭載し、バイワイヤ制御によって実現したジョイスティックを用いる操作系など汎用性の高いプラットフォームに仕上げている。

2人乗りの「タンデムモード」ハンドルも真っ白に塗られた 2人乗りの「タンデムモード」(左)コムス コネクトをアニメーション監督でメカデザイナーの河森正治氏が“トランスフォーム”デザインした「コムス コネクト ロボ」(右)(クリックで拡大)出典:トヨタ車体
「コムス コネクト ロボ」の模型人型ロボットタイプの「ロイドモード」歩行可能な状態の「ウォークモード」 「コムス コネクト ロボ」の模型(左)。人型ロボットタイプの「ロイドモード」(中央)と歩行可能な状態の「ウォークモード」(右)。河森氏の代表作「超時空要塞マクロス」の「バルキリー」を思い起こさせる(クリックで拡大)

個性豊かすぎるトヨタ車体のコンセプトカー

「アルファード エルキュール コンセプト」

 会場で注目を集めたのは、トヨタ自動車のフラッグシップミニバン「アルファード」をオープンクルーザーにした「アルファード エルキュール コンセプト」だ。大型フロントグリルやルーフトップの整流板、波や風をイメージした青のボディ側面グラフィックを採用し、高級感あるデザインに仕上げた。インテリアにはフローリング調のフロアを使用し、最後席にラウンジソファを取り入れるなど「クルーザーのキャビンに居るような室内空間」(岩瀬氏)を実現した。

「アルファード エルキュール コンセプト」の外観 「アルファード エルキュール コンセプト」の外観(クリックで拡大)
最後席まで豪華ハンドルも真っ白に塗られている 最後席まで豪華(左)。ハンドルも真っ白に塗られている(右)(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.