ニュース
» 2015年11月04日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:第4次産業革命を推進する専任組織を発足

SAPジャパンは、日本におけるIoTを活用した第4次産業革命を推進する専任組織「IoT/IR4」を発足した。第4次産業革命をより強力に推進し、日本企業の新たな競争力強化を支援する。

[MONOist]

 SAPジャパンは2015年10月19日、日本におけるIoT(モノのインターネット)を活用した、第4次産業革命(インダストリー4.0)を推進する専任組織「IoT/IR4(Internet of Things/Fourth Industrial Revolution)」を発足した。

 IoTとは、顧客観察プラットフォームであり、顧客の利用状況をより精緻に把握することで、顧客のことを顧客自身より深く理解することが可能になる。また、ERPとは、企業のデジタル・ツイン構築のためのツールで、企業の既存業務プロセスをデジタルに把握し、シームレスにつなげば、より高度な企業活動が可能になる。こうしたIoTによって得られる顧客理解を、デジタル化された業務プロセスとつなぐことで、企業は顧客の真の欲求をより高い次元で満たす、新たな競争軸を手にできるという。

 同社は、2015年7月に「SAP Industry4.0 Co-Innovation Center powered by COIL Tokyo」を設置し、第4次産業革命に対する取り組みを進めてきた。今回、こうした背景をもとに、第4次産業革命をより強力に推進し、日本企業の新たな競争力強化に向けて顧客やパートナーと取り組む専任組織を発足させた。組織は約50名で構成され、今後さらに増強する予定。製造業だけでなく全業種を対象とし、日本企業が第4次産業革命を先制する支援に取り組んでいく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.