ニュース
» 2015年11月04日 12時00分 UPDATE

メカ設計 メルマガ 編集後記:国内企業ブランドの3Dプリンタは2016年以降が勝負!?

インクジェット方式が主戦場に?

[八木沢篤,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年11月4日発行の「メカ設計メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


国内企業ブランドの3Dプリンタは2016年以降が勝負!?

 2015年10月27日、リコーが自社ブランド製品として初めてとなるハイエンド3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」(以下、S5500P)を発表しました。産業用3Dプリンタや粉末材料などを手掛けるアスペクト(1996年11月18日設立)との共同開発により実現した製品だそうです(関連記事:リコー初の自社ブランド3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」発表)。

 S5500Pは、粉末焼結積層造形(SLS:Selective Laser Sintering)方式を採用した産業用3Dプリンタで、「PA(ポリアミド)11」「PA12」といった樹脂材料の他、「PA6」「PP(ポリプロピレン)」などの汎用性のある材料を利用できます。造形エリアは550×550×500mmと大容量。複数種類の部品を一度に造形したり、大型部品を一括で造形したりできるそうです。

3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」 リコーのSLS方式ハイエンド3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」(出典:リコー) ※画像クリックで拡大

 ここに来て、ようやく国内企業による自社ブランド3Dプリンタの発表がチラホラと聞かれるようになってきましたね!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.