ニュース
» 2015年11月04日 12時00分 UPDATE

ET2015 開催直前情報:マクニカは「Mpression IoT ソリューション」でアイデアの具現化をサポート

オリジナル技術ブランド「Mpression」を有し、ハードウェア開発サポートを行っているマクニカだが、ET2015では新たに立ち上げたIoT/M2Mの実現に必要な各種要素をまとめた「Mpression IoT ソリューション」を紹介する。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年11月18〜20日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2015/組込み総合技術展(以下、ET2015)」「IoT Technology 2015」が開催される。

 ET2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2015/IoT Technology 2015の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 ここではマクニカの展示内容について紹介する。オリジナル技術ブランド「Mpression」を有し、ハードウェア開発サポートを行っている同社だが、ET2015では新たに立ち上げたIoT/M2Mの実現に必要な各種要素をまとめた「Mpression IoT ソリューション」を紹介する。

Mpression IoT ソリューション

 IoT/M2Mシステムではエンドデバイスからのデータ収集からデータプロセッシング、エンドノードから中間ノードまでのワイヤレス接続、クラウド上でのストレージから解析、可視化、全体を通じてのセキュリティ確保など、多くの要素について検討しなければならない。同社ではこれらの要素技術をまとめた、IoT/M2Mシステム開発・導入用ソリューションとして「Mpression IoTソリューション」を紹介する。

「Mpression IoTソリューション」のイメージ 「Mpression IoTソリューション」のイメージ

 ブースでは「Mpression IoTソリューション」として、同社半導体部門が扱うエンドデバイスからゲートウェイまでのセンシング、プロセッシング、ワイヤレスデバイスはもちろん、同社ネットワーク部門が取り扱うデータ伝送、セキュリティ、データストレージ、可視化・分析などクラウド環境におけるデータ処理まで、IoT/M2M システム全体のデータ処理をデモンストレーションする予定だ。

 また、11月20日(金)には同社エンジニアがIoTトラック(IoT-13)にて、「IoT エンベデッド・システムにおけるセキュリティ要件と対策手法」と題し、IoTシステム構築時に抑えるべきセキュリティ要件とその具体的な対策手法に関してのセッションも行う。

  Mpressionブランドのキットやパーツでラピッドプロトタイピング支援を行ってきた同社だが、「Mpression IoTソリューション」の提供を開始することで、単なる機器開発からIoT/M2Mシステム開発の支援にまでそのカバー範囲を広げることとななった。同社では「ET2015の会場で、技術担当者に悩みをぶつけて欲しい」としており、単なる展示のみならず、アイデアの具現化までもサポートしていくとしている。

企画から開発、生産までをマクニカがサポート 企画から開発、生産までをマクニカがサポート

Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015

展示会名 Embedded Technology 2015/IoT Technology 2015
会期 2015年11月18日(水)〜20日(金)
時間 10:00〜17:00(20日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
公式サイト http://www.jasa.or.jp/expo/
アクセル ブースNo. A-16

関連キーワード

IoT | M2M | マクニカ | Embedded | 組み込み


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.