ニュース
» 2015年11月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ナノ多結晶ダイヤモンド工具のサイズ拡充と新シリーズを発売

住友電気工業は、超硬合金切削用のナノ多結晶ダイヤモンドを刃先に用いた「モールドフィニッシュマスター スミダイヤ バインダレス ボールエンドミル」の小径サイズを拡充した。同時に、標準仕上げ工具の新シリーズも発売した。

[MONOist]

 住友電気工業は2015年10月21日 、超硬合金切削用のナノ多結晶ダイヤモンドを刃先に用いた「モールドフィニッシュマスター スミダイヤ バインダレス ボールエンドミル」の小径サイズを拡充したと発表した。併せて、標準仕上げ工具の新シリーズと刃先交換インサートの新製品も発売した。

 同社では、2014年10月から超硬合金の精密仕上げ工具「ボールエンドミル NPDB型」を販売している。今回、新たに小径サイズR0.1/R0.2の2種を追加し、従来のR0.3/R0.5/R1.0と合わせて全5型番とした。同時に、標準仕上げ工具の新シリーズ「ボールエンドミル NPDBS型」のR0.1〜1.0の5型番と刃先交換インサートの37型番も追加した。

 標準価格はNPDB型が17万3000円から、NPDBS型が7万円から、交換インサートが3万6000円(いずれも税別)となる。同社では、グループ会社のアライドマテリアルの超精密加工用切削工具と合わせて、初年度に年間2億円、2年後に12億円の売り上げを目指すという。

 

 ナノ多結晶ダイヤモンドは、粒径数10nmの微細なダイヤ粒子が、結合材なしに強固に直接結合した多結晶体。単結晶ダイヤモンドよりも高い硬度と靭性を示すため、従来の焼結ダイヤモンド(PCD)以上の耐摩耗性を備えている。今回発売されたボールエンドミル/刃先交換インサートは、この特性により、超硬合金などの硬脆材加工で優れた加工面品位と高精度を提供し、安定した品位・精度を長時間維持できるとしている。

 

photo スミダイヤ バインダレス ボールエンドミル
photo スミダイヤ バインダレス インサート

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

切削加工 | 住友電気工業 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.