ニュース
» 2015年11月06日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:シンガポールで平膜ユニットの組み立て工場の稼働を開始

明電舎は、シンガポールの現地法人Meiden Singapore内に、セラミック平膜のユニット組み立て工場を建設し、稼働を開始した。同時に、研究開発センターも設立した。

[MONOist]

 明電舎は2015年10月15日、シンガポールの現地法人Meiden Singapore(以下、明電シンガポール)内に、セラミック平膜のユニット組み立て工場を建設し、稼働を開始したと発表した。同時に、研究開発センターも設立した。

 1975年に設立された明電シンガポールは、これまで変圧器、遮断器の製造・販売に加え、セラミック平膜を用いた膜ろ過事業を展開してきた。また、ジュロン水再生センターなど、シンガポール公益事業庁の実証研究に参画するとともに、チャンギ水再生センターMBRプラント向けにセラミック平膜を納入している。

 シンガポール政府では、水ビジネスを成長産業と位置付け、同国を水ビジネスの研究・開発、製造の拠点とする「グローバル・ハイドロ・ハブ構想」を策定している。明電シンガポールでは、今回建設した組み立て工場と研究開発センターを通じ、同構想の実現に貢献していく。

 今後同社では、明電シンガポールを東南アジア・中東地域の水・環境事業のリージョナルヘッドクオーターと位置付け、生産・アフターサービス体制を構築。さらに、シンガポールでの成果を東南アジア・中東地域へのセラミック平膜の拡販に生かしていくとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.