ニュース
» 2015年11月06日 12時00分 UPDATE

FA メルマガ 編集後記:日本のインダストリー4.0の“空白地”は誰が埋めるのか

“空白地”は課題でもあり、ビジネスチャンスでもある。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年11月6日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


日本のインダストリー4.0の“空白地”は誰が埋めるのか

 ドイツ政府が取り組むインダストリー4.0に注目が集まる中、国内でも多くの製造業や生産財メーカーがIoTを活用した製造業革新への取り組みが大きく動き始めています。IoTを活用した製造現場への取り組みについては、日本企業の取り組みは決して遅れているわけではありません。しかし、日本でインダストリー4.0で描く世界を現実のものにするのに大きな課題になりそうな要素があります。それがIT(情報技術=情報システム系の論理)とOT(制御技術=製造現場の論理)の両方を組み合わせたシステムインテグレーションです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け