ニュース
» 2015年11月09日 07時00分 UPDATE

FAニュース:I/Oを自由に構成できるIoTデバイスを発売、最大32台のスタック接続が可能

コンテックは、I/O部分を自由に構成できる「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラー」シリーズを発表した。モジュール化した信号入出力部分を、最大32台までコントローラー本体へスタック接続できる。

[MONOist]

 コンテックは2015年10月27日、接続したいセンサーやアクチュエータに合わせて、I/O部分を自由に構成できる「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラー」シリーズを発表した。

 CONPROSYS M2Mコントローラーは、さまざまな通信機能をファームウェアに内蔵した、クラウド対応のリモートI/Oユニットとなる。モジュール化した信号入出力部分(I/Oモジュール)を、最大32台までコントローラー本体(CPUモジュール)へスタック接続できる。コントローラーにはLANポートを2個搭載し、LANケーブルだけで機器間を中継するため、工場内の機器間ネットワーク構築や既存のネットワーク環境への追加を容易にした。

 また、データ収集用のCONPROSYSクラウドサービスとの通信機能を内蔵しており、インターネット接続後、すぐに装置の状態監視を開始できる。無料で提供されるWindows用データ収集ソフトウェアを使用すれば、ローカルネットワーク上のPCに、複数のCONPROSYS M2Mコントローラーからのデータを収集できる。

 OPC-DA 2.0/3.0に対応したWindows用OPCサーバソフトウェアも無料提供され、OPC対応のSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システムにも対応。内蔵のModbus/TCP通信機能により、Modbus対応機器との連携も可能にした。

 他に、グラフやメーターなどを使った表示画面を簡単に作成できるWindows用高機能HMIソフトウェア「ACTIVE TOUCH」や、関数体系でプログラミングが可能なWindows用APIも提供するという。

 ラインアップは、有線LAN対応のCPUモジュール1種、デジタル入出力モジュール2種、シリアル通信モジュール4種、アナログ入出力モジュール2種、温度センサー入力モジュール1種の計10種。2015年11月16日より順次発売する。

photo CONPROSYS スタック型M2Mコントローラー

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.