連載
» 2015年11月10日 10時00分 UPDATE

無償ソフトで流体解析(1):無償の流体解析ソフト「Flowsquare」をインストールしよう (1/4)

無償で使える流体解析ソフト「Flowsquare」を使ってみよう! 今回はソフトのインストール&起動編。

[伊藤孝宏,MONOist]

 「無償ソフトで3次元構造解析をしよう」で紹介した「AdventureOnWindows」のように、構造解析については無償ソフトがいくつか存在します。一方、流体解析については専門性が高いこともあり、無償かつ勉強用として気軽に使えるようなソフトはありませんでした。そうした中、2次元ではありますが、源勇気氏が「Flowsquare」という流体解析ソフトを無償で公開しています。

 この連載は、流体解析ソフトに興味があり、勉強してみたいという方を対象に、Flowsquareを用いて、いくつかの流体現象について説明します。合わせて、Flowsquareの設定方法を通して、流体解析ソフトに共通した考え方を説明します。

 実例を見た方が分かりやすいでしょうからFlowsquareの解析サンプルを示します。

 添付の動画は円柱周りに発生するカルマン渦で、橋げたの後方に発生する流れや、電線が風でうなり音を生ずる原因として有名です。カルマン渦については、第3回で説明し、Flowsquareで計算してみます。

 本連載は全5回となります。第1回、すなわち今回がFlowsquareの簡単な操作説明、第2回がベルヌイの定理、第3回がカルマン渦、第4回が翼周りの流れと揚力、第5回が物体周りの流れと流体抵抗について説明します。

Flowsquareのインストールと起動

 では、Flowsquareをインストールして動作させるところから説明します。

 ダウンロードページで「Flowsquare4.0.zip」を右クリックし、「対象をファイルに保存」として、ダウンロードしてください。

 ダウンロードしたFlowsquare4.0.zipファイルを右クリックし、「全て展開」とすると、図1に示す「Flowsquare4.0」というフォルダができあがります。

yk_flowsquare01_01.jpg 図1:Flowsquare4.0フォルダの構成

 その中のflowsquare.exeが実行ファイルで、bc.bmpが境界条件設定用の画像ファイルで、grid.txtが計算用の諸元設定ファイルです。Flowsquareはbc.bmpファイルとgrid.txtファイルとの3点セットで動作します。アンインストールはこれらのファイルを削除すればOKです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.